Citrix ADC

ブリッジグループの設定

通常、2 つ以上の VLAN を 1 つのドメインにマージする場合は、個別のドメイン内のすべてのデバイスで VLAN 設定を変更します。これは面倒な作業になる可能性があります。複数の VLAN を 1 つのブロードキャストドメインに簡単にマージするには、ブリッジグループを使用します。

ブリッジグループ機能は、VLAN と同じように動作します。複数の VLAN を 1 つのブリッジグループにバインドでき、同じブリッジグループにバインドされたすべての VLAN が 1 つのブロードキャストドメインを形成します。ブリッジグループにバインドできるのは、レイヤ 2 VLAN だけです。レイヤ 3 機能を使用するには、ブリッジグループに IP アドレスを割り当てる必要があります。

レイヤ 2 モードでは、特定の VLAN に属するインターフェイスで受信したブロードキャストパケットは、同じブリッジグループに属する他の VLAN にブリッジングされます。ユニキャストパケットの場合、Citrix ADCアプライアンスはブリッジテーブルで、同じブリッジグループに属するすべてのVLANの学習済みMACアドレスを検索します。

レイヤ 3 転送モードでは、IP サブネットはブリッジグループにバインドされます。Citrix ADCは、バインドされたサブネットに属する着信パケットを受け入れ、ブリッジグループにバインドされたVLAN上でのみパケットを転送します。

IPv6 ルーティングは、設定されたブリッジグループで有効にできます。

ブリッジグループ機能とブリッジ BPDU モードは連携できません。

構成の手順

ブリッジグループを設定するには、次の手順を実行します。

  • レイヤ 2 モードを有効にする
  • ブリッジグループの追加と VLAN のブリッジグループへのバインド

CLI のプロシージャ

CLI を使用してレイヤ 2 モードを有効にするには、 コマンドプロンプトで次のように入力します。

  • enable ns mode l2
  • ns モードを表示

CLI を使用してブリッジグループを追加し、VLAN をバインドするには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add bridgegroup <id> [-ipv6DynamicRouting ( ENABLED | DISABLED )]
  • bind bridgegroup <id> -vlan <positive_integer>
  • show bridgegroup <id>

例:

> add bridgegroup 12
 Done

CLI を使用してブリッジグループを削除するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • rm bridgegroup <id>

例:

 rm bridgegroup 12

GUI の手順

GUI を使用してブリッジグループを設定するには、次の手順を実行します。

[システム] > [ネットワーク] > [ブリッジグループ] に移動するか、新しいブリッジグループを追加して VLAN をブリッジグループにバインドするか、既存のブリッジグループを編集します。

ブリッジグループの設定