Citrix ADC

ネットワークインターフェイスの設定

Citrix ADCアプライアンスのネットワークインターフェイスは、<slot><port> 表記で番号が付けられています。インターフェイスを設定したら、インターフェイスとその設定を表示して設定を確認します。この情報を表示して、設定の問題をトラブルシューティングすることもできます。

ネットワークインターフェイスを管理するには、次の操作を行います。

  • 一部のインターフェイスを有効にし、その他のインターフェイスを無効にします。
  • インターフェイスをリセットして、設定を再ネゴシエートします。
  • インターフェイスの累積統計情報を消去します。

設定を確認するには、インターフェイス設定を表示します。インターフェイスの健全性を評価するために、インターフェイスの統計情報を表示できます。

ネットワーク・インタフェース・パラメータの設定

ネットワークインターフェースの設定は、同期も伝達もされません。HA ペアについては、各装置で個別に設定を実行する必要があります。

CLI を使用してネットワークインターフェイスパラメータを設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  set interface <id> [-speed <speed>] [-duplex <duplex>] [-flowControl <flowControl>] [-autoneg ( DISABLED | ENABLED )] [-haMonitor ( ON | OFF )] [ ( ON | OFF )] [-tagall ( ON | OFF )] [-lacpMode <lacpMode>] [-lacpKey<positive_integer>] [-lacpPriority <positive_integer>] [-lacpTimeout (LONG | SHORT )] [-ifAlias <string>] [-throughput <positive_integer>][-bandwidthHigh <positive_integer> [-bandwidthNormal <positive_integer>]]
-  show interface [<id>]

例:

> set interface 1/8 -duplex full
 Done

GUI を使用してネットワークインターフェイスパラメータを設定するには、次の手順を実行します。

[システム] > [ネットワーク] >[インターフェイス] に移動し、変更するネットワークインターフェイス (たとえば、1/8) を選択し、[編集] をクリックしてパラメータを設定します。

インターフェイスの受信リングサイズおよびリングタイプの設定

Citrix ADC MPX および SDX プラットフォームでは、IX、F1X、F2X、または F4X インターフェイスの受信リングサイズとリングの種類を増やすことができます。

リングサイズを大きくすると、バーストトラフィックを処理するためのクッションが増えますが、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。IX インターフェイスでは、最大 8192 のリングサイズがサポートされます。最大 4096 のリングサイズは、F1X、F2X、および F4X インターフェイスでサポートされます。デフォルトのリングサイズは 2048 のままです。

インターフェイスリングタイプはデフォルトで伸縮性があります。パケット到着率に基づいてサイズが増減します。リングタイプを「固定」に設定できます。この場合、リングサイズはトラフィックレートに基づいて変更されません。

注: この機能は、リリース 13.0 ビルド 41.x でサポートされ、IX、F1X、F2X、または F4X インターフェイスを持つプラットフォームでサポートされます。

show hardwareコマンドを使用して、アプライアンスに IX、F1X、F2X、または F4X インターフェイスがあるかどうかを識別します。

例:

次のモデルには、16 の F1X(10G)インターフェイスと 4 つの F4X(40G)インターフェイスがあります。

> sh hardware
        Platform: NSMPX-25000-40G 20\*CPU+16\*F1X+4\*F4X+2\*E1K+2*CVM N3 250040
        Manufactured on: 12/16/2016
        CPU: 2800MHZ
        Host Id: 234913926
        Serial no: N43RJCRV3X
        Encoded serial no: N43RJCRV3X
        Netscaler UUID: 336a32d6-2cfa-11e8-bf01-00e0ed5dd23c
        BMC Revision: 4.08
 Done

次のモデルには、2 つの 1X(10G)インターフェイスがあります。

> sh hardware
        Platform: NSMPX-10500 8\*CPU+2\*E1K+8\*E1K+2\*IX+8*CVM 1620 760100
        Manufactured on: 12/27/2010
        CPU: 2832MHZ
        Host Id: 1707114630
        Serial no: 7VZZV1ZXJ4
        Encoded serial no: 7VZZV1ZXJ4
        Netscaler UUID: eb1bfd72-5176-11e7-ba18-00e0ed1b0d12
 Done

CLIを使用して呼び出し音のサイズと呼び出し音の種類を構成するには コマンドラインで次のように入力します。

set interface <id> -ringsize <positive_integer> -ringtype ( Elastic | Fixed )

パラメーター:

ringsize:

インターフェイスの受信リングサイズ。値が大きいほど、着信トラフィックを処理するためのバッファが多くなります。

デフォルト値:2048 最小値:512 最大値:16384

ringtype:

インターフェイスの受信リングタイプ。固定リングタイプは、トラフィックレートに関係なく、設定されたバッファ数を事前に割り当てます。対照的に、弾性リングは、着信トラフィックレートに基づいて拡大および縮小します。

設定可能な値:弾性、固定

デフォルト値:弾性

例:

> set interface 40/2 -ringsize 4096 -ringtype Fixed
 Done
> show interface 40/2

1)      Interface 40/2 (40G Ethernet, CR4, 40 Gbit) #21  flags=0xc020 <ENABLED, UP, UP, autoneg, HAMON, HEARTBEAT, 802.1q> MTU=1500, native vlan=10, MAC=00:e0:ed:75:14:2a, uptime 119h26m32s
        Requested: media AUTO, speed AUTO, duplex AUTO, fctl OFF,throughput 0
        Actual: media UTP, speed 40000, duplex FULL, fctl OFF, throughput 40000
        LLDP Mode: NONE, LR Priority: 1024
        RX: Pkts(1443972660032) Bytes(1457207315336105) Errs(0) Drops(53319) Stalls(0)
        TX: Pkts(1452311431262) Bytes(1458534011197761) Errs(0) Drops(788) Stalls(0)
        NIC: InDisc(0) OutDisc(0) Fctls(0) Stalls(0) Hangs(0) Muted(0)
        Bandwidth thresholds are not set.
        Rx Ring: Configured size=4096, Actual size=4096, Type: Fixed
 Done

最後の行には、設定済みおよび実際のリングサイズ、およびリングタイプが表示されます。

GUI を使用してリングサイズとリングタイプを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [ネットワーク] > [インターフェイス]に移動します。
  2. インターフェイスを選択し、[Edit] をクリックします。
  3. [リングサイズ]で、次のいずれかを指定します。

    • IXインターフェース: 512,1024,2048,4096または8192です。

    • F1X、F2X、または F4X インターフェイス: 512、1024、2048、または4096。

  4. [リングのタイプ] で、[弾性] または [固定] を選択します
  5. [OK] をクリックします。

ネットワークインターフェイスの有効化と無効化

デフォルトでは、ネットワークインターフェイスは有効になっています。ネットワークに接続されていないネットワークインターフェイスを無効にして、パケットを送受信できないようにします。高可用性セットアップでネットワークに接続されているネットワークインターフェイスを無効にすると、フェールオーバーが発生する可能性があります。

高可用性の詳細については、高可用性を参照してください。

CLI を使用してネットワークインターフェイスを有効または無効にするには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  enable interface <interface_num>
-  show interface <interface_num>
-  disable interface <interface_num>
-  show interface <interface_num>

例:

> enable interface 1/8
 Done
> show interface 1/8
        Interface 1/8 (Gig Ethernet 10/100/1000 MBits) #2
        flags=0x4004000 <ENABLED, DOWN, BOUND to LA/1, down, autoneg, 802.1q>
        MTU=1514, MAC=00:d0:68:15:fd:3d, downtime 906h58m40s
        Requested: media UTP, speed AUTO, duplex FULL, fctl OFF, throughput 0
        RX: Pkts(0) Bytes(0) Errs(0) Drops(0) Stalls(0)
        TX: Pkts(0) Bytes(0) Errs(0) Drops(0) Stalls(0)
        NIC: InDisc(0) OutDisc(0) Fctls(0) Stalls(0) Hangs(0) Muted(0)
        Bandwidth thresholds are not set.
Done

GUI を使用してネットワークインターフェイスを有効または無効にするには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [ネットワーク] > [インターフェイス]に移動します。
  2. ネットワークインターフェイスを選択し、[操作] リストで [有効] または [無効] を選択します。

ネットワークインターフェースのリセット

ネットワークインターフェイス設定は、デュプレックスや速度などのプロパティを制御します。ネットワークインターフェイスの設定を再ネゴシエートするには、ネットワークインターフェイスをリセットする必要があります。

CLI を使用してネットワークインターフェイスをリセットするには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  reset interface <interface_num>
-  show interface <interface_num>

例:

> reset interface 1/8
 Done

GUI を使用してネットワークインターフェイスをリセットするには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [ネットワーク] > [インターフェイス]に移動します。
  2. ネットワークインターフェイスを選択し、[操作] リストで [インターフェイスのリセット] を選択します。

ネットワークインターフェースを監視する

ネットワークインターフェイスの統計情報を表示してパラメータを監視し、その情報を使用してネットワークインターフェイスの健全性をチェックできます。送信パケットと受信パケット、スループット、リンク集約制御プロトコル(LACP)データユニット、エラーなどのパラメータを監視できます。ネットワークインターフェイスの統計情報をクリアして、統計情報をクリアした時点からの統計情報をモニタできます。

CLI を使用してネットワークインターフェイスの統計情報を表示するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  stat interface <interface_num>

例:

> stat interface 1/8
 Done

CLI を使用してネットワークインターフェイスの統計情報をクリアするには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  clear interface <interface_num>

例:

> clear interface 1/8
 Done

GUI を使用してインターフェイスの統計情報を表示するには、次の手順を実行します。

[システム] > [ネットワーク] > [インターフェイス] に移動し、ネットワークインターフェイスを選択し、[インターフェイス 統計] をクリックします。

GUI を使用してネットワークインターフェースの統計情報を消去するには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [ネットワーク] > [インターフェイス]に移動します。
  2. ネットワークインターフェイスを選択し、[操作] リストで [統計のクリア] を選択します。