Citrix ADC

仮想 MAC の設定

高可用性 (HA) セットアップのプライマリノードとセカンダリノードは、仮想 MAC アドレスのフローティングエンティティを共有します。プライマリノードは、フローティング IP アドレス(MIP、SNIP、VIP など)を所有し、これらの IP アドレスに対する ARP 要求に独自の MAC アドレスで応答します。したがって、アップストリームルータなどの外部デバイスの ARP テーブルは、プライマリノードの Floating IP アドレスと MAC アドレスで更新されます。

フェイルオーバーが発生すると、セカンダリノードが新しいプライマリノードとして引き継がれます。以前のセカンダリノードは Gratuitous ARP (GARP) を使用して、古いプライマリノードから学習したフローティング IP アドレスをアドバタイズします。新しいプライマリノードがアドバタイズする MAC アドレスは、自身のネットワークインターフェイスの MAC アドレスです。一部のデバイス(少数のルータ)は、これらの GARP メッセージを受け付けません。したがって、これらの外部デバイスは、古いプライマリノードがアドバタイズした IP アドレスと MAC アドレスのマッピングを保持します。これにより、GSLB サイトがダウンする可能性があります。

したがって、HA ペアの両方のノードで仮想 MAC を設定する必要があります。これは、両方のノードが同じMACアドレスを持っていることを意味します。フェールオーバーが発生しても、セカンダリノードの MAC アドレスは変更されず、外部デバイスの ARP テーブルを更新する必要はありません。

仮想 MAC を設定する手順については、仮想 MAC アドレスの設定を参照してください。

仮想 MAC の設定