Citrix ADC

ダイナミック ARP エントリのタイムアウトの設定

ダイナミックに学習された ARP エントリのエージングタイム(タイムアウト値)をグローバルに設定できます。新しい値は、新しい値を設定した後にダイナミックに学習される ARP エントリだけに適用されます。以前に存在する ARP エントリは、以前に設定されたエージングタイムの後に期限切れになります。ARP タイムアウト値は、1 ~ 1200 秒で指定できます。

CLI を使用してダイナミック ARP エントリのタイムアウトを設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set arpparam -timeout <positive_integer>]
  • show arpparam

例:

> set arpparam -timeout 500
 Done

CLI を使用してダイナミック ARP エントリのタイムアウトをデフォルト値に設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • unset arpparam
  • show arpparam

例:

> unset arpparam
 Done

GUI を使用してダイナミック ARP エントリのタイムアウトを設定するには、次の手順を実行します。

[システム] > [ネットワーク] に移動し、[設定] グループで [ARP グローバルパラメータの構成] をクリックし、[ARP テーブルエントリタイムアウト] パラメータを設定します。

ダイナミック ARP エントリのタイムアウトの設定