Citrix ADC

IP ルーティング

Citrix ADCアプライアンスは、動的ルーティングと静的ルーティングの両方をサポートします。簡易ルーティングはCitrix ADCの主な役割ではないため、動的ルーティングプロトコルの実行の主な目的は、ルートヘルス注入(RHI)を有効にすることです。これにより、アップストリームルーターは、地形的に分散した仮想サーバーへの複数のルートの中から最適なものを選択できます。

ほとんどのCitrix ADC実装では、ルーティングのオーバーヘッドを減らすために、静的ルートを使用します。バックアップスタティックルートを作成し、スタティックルートをモニタして、スタティックルートがダウンした場合の自動スイッチオーバーを有効にすることができます。また、重みを割り当ててスタティックルート間のロードバランシングを容易にしたり、ヌルルートを作成してルーティングループを防止したり、IPv6 スタティックルートを設定したりすることもできます。ポリシーベースルート(PBR)を設定できます。PBR は、指定した基準に基づいてルーティングを決定します。

IP ルーティング