ネットワーク

選択エリアへの SNIP および VIP ルートのアドバタイズ

一部のSNIPアドレスを選択エリアにアドバタイズするには、DRADVモードを有効にしたり、接続ZebOSを再配布したりすることはできません。これは、これらの操作が接続されたすべてのルートをZebOSに送信するためです。また、必要なサブネットにダミーのスタティックルートをZebOSに追加したり、不要な接続ルートをフィルタリングするためにZebOSにACLを追加したりすることは、面倒で面倒な作業です。

ネットワークルートとタグオプションは、この問題に対処します。ネットワークルートオプションは、サブネットごとに 1 つの SNIP アドレスに対してのみ有効にできます。そのSNIPアドレスの接続ルートは、カーネルルートとしてZebOSに送信されます。

VIP アドレスと SNIP アドレスの場合、タグには 1 ~ 4294967295 の整数を割り当てることができます。このパラメータを設定できるのは、VIP アドレスまたは SNIP アドレスに対してホストルートまたはネットワークルートが有効になっている場合だけです。VIPアドレスとSNIPアドレスに関連付けられたタグ値は、そのルートとともにZebOSに送信されます。VIP ルートと SNIP ルートには、異なる値を持つタグを設定できます。これらのタグ値は、ZebOSのルートマップで照合され、選択エリアにアドバタイズされます。

選択エリアへの SNIP ルートのアドバタイズ

CLI を使用して SNIP アドレスのネットワークルートおよびタグパラメータを設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • 新しい SNIP アドレスを追加する場合:

    • add ns ip <IPAddress>@ <netmask> -type SNIP -networkroute ( ENABLED | DISABLED ) -tag <positive_integer>
    • show ns ip <IPAddress>
  • 既存の SNIP アドレスを再設定する場合は、次の手順を実行します。

    • set ns ip <IPAddress>@ <netmask> -type SNIP - networkroute ( ENABLED | DISABLED ) -tag <positive_integer>
    • show ns ip <IPAddress>

GUI を使用して SNIP アドレスのネットワークルートおよびタグパラメータを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [ネットワーク] > [IP] > [IPV4] に移動します。
  2. サブネット IP (SNIP) アドレスを追加したり、既存のサブネット IP アドレスを変更したりするときに、 ネットワークルートタグ パラメータを設定します。

選択エリアへの VIP ルートのアドバタイズ

CLI を使用して VIP アドレスのホストルートおよびタグパラメータを設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のいずれかのコマンドセットを入力します。

  • 新しいVIPアドレスを追加する場合:

    • add ns ip <IPAddress>@ <netmask> -type VIP -hostRoute ( ENABLED | DISABLED ) -tag <positive_integer>
    • show ns ip <IPAddress>
  • 既存の VIP アドレスを再構成する場合は、次の手順を実行します。

    • set ns ip <IPAddress>@ <netmask> -type VIP -hostRoute ( ENABLED | DISABLED ) -tag <positive_integer>
    • show ns ip <IPAddress>

GUI を使用して VIP アドレスのネットワークルートおよびタグパラメータを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [ネットワーク] > [IP] > [IPV4] に移動します。
  2. VIP アドレスの追加時または既存の VIP アドレスの変更時に、 Host Route および Tag パラメータを設定します。
選択エリアへの SNIP および VIP ルートのアドバタイズ