Citrix ADC

Citrix ADC 高可用性ペアでのセッションの信頼性

ICAセッション中にネットワークの中断またはデバイスのフェイルオーバーが発生した場合、セッションの再接続では、セッション画面の保持またはクライアントの自動再接続という2つのメカニズムのいずれかを使用できます。

セッションの信頼性。推奨モードは、ユーザーにとってスムーズなエクスペリエンスです。この中断は、短時間のネットワークの中断ではほとんど目立ちません。

クライアントの自動再接続。フォールバックオプションには、クライアントの再起動が含まれます。このメカニズムはユーザーにとって混乱を招き、常にサポートされているわけではありません。

HDX Insightが有効になっている場合、ReceiverはICAセッション画面の保持機能を使用してICAセッションをシームレスに再接続できます。 この機能は、スタンドアロン構成とCitrix ADC HAペア構成の両方で、またCitrix ADC フェイルオーバーが発生した場合でも機能します。

注:

  • Citrix ADCアプライアンスは、ソフトウェアバージョン11.1ビルド49.16以降で実行されている必要があります。
  • Citrix ADCアプライアンスにアクティブな接続がある場合は、セッション画面の保持モードを有効または無効にしないでください。
  • 接続がまだアクティブなときにこの機能を有効または無効にすると、HDX Insightはフェイルオーバーの発生後にこれらのセッションの解析を停止します。その結果、セッションに関する情報が失われます。
  • 高可用性セットアップでのセッション画面の保持は、Citrix ADCソフトウェアバージョン11.1 49.16以降ではデフォルトで無効になっています。セッション画面の保持は、セットアップの両方のノードが同じビルド(たとえば、リリース11.1ビルド53)を実行している場合にのみ、高可用性セットアップでサポートされます。つまり、両方のノードが異なるビルドを実行している場合(たとえば、一方のノードにリリース11.1のビルド53があり、もう一方のノードにリリース11.1のビルド56がある場合)、セッション画面の保持は高可用性セットアップではサポートされません。SSL VDAのセッションの信頼性は、次の条件が満たされた場合にサポートされます。
    • The “EnableSRonHAFailover” parameter in the set ica parameter command must be YES.
    • The HTTPS must be used instead of HTTP while configuring the virtual server.
  • HDX Insight を有効にすると、EnableSronhaFailover パラメーターが無効になっていても、高可用性フェイルオーバー後に基本暗号化アプリケーションとデスクトップが再接続されます。

CLI を使用してセッション画面の保持を設定するには、次の手順を実行します。

  1. コマンドラインで、既定のシステム管理者の資格情報を使用してシステムにログオンします。
  2. HA フェールオーバーでセッション画面の保持を有効にするには、プロンプトで次のように入力します。 set ica parameter EnableSRonHAFailover YES
  3. HA フェールオーバーでセッション画面の保持を無効にするには、プロンプトで次のように入力します。 set ica parameter EnableSRonHAFailover NO

GUI を使用して HA フェールオーバーでセッション画面の保持を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. Webブラウザで、HAペアのプライマリCitrix ADCインスタンスのIPアドレスを入力します(例:http://192.168.100.1)。
  2. [User Name][Password] に管理者の資格情報を入力します。
  3. [ 構成 ] タブで、[ システム ] > [ 設定] に移動し、[ ICA パラメータの変更] をクリックします。
  4. [ICAパラメータの変更] セクションで、[高可用性フェイルオーバー時のセッション画面の保持] を選択します。
  5. OK」をクリックします。

制限事項

  • この機能を有効にすると、この機能によってICA圧縮が無効になるため、帯域幅の消費が増加します。また、プライマリノードとセカンダリノード間の追加のトラフィックにより、それらの同期が維持されます。
  • この機能はアクティブ-パッシブモードでのみサポートされています。アクティブ-アクティブモードは現在サポートされていません。
  • HDX Insightが有効で、HAノブのセッション画面の保持が[いいえ]に設定されている場合、Citrix ADC 高可用性フェイルオーバーシナリオではACR再接続モードのみがサポートされます。HDX Insightが無効になっている場合、HAノブはセッション画面の保持を無効にしません。

セッション再接続セマンティクスの 表は次のとおりです。

セッションはセマンティクスを再接続

ステータス RONHAフェイルオーバーを有効にするはい EnableSRonHAFailover No(デフォルト)
HDX Insight 有効 ICAセッションのセッション再接続は機能する ICAセッションのセッション再接続が機能しない
HDX Insight 無効 ICAセッションのセッション再接続は機能する ICAセッションのセッション再接続は機能する

注意事項

  • ICAセッションのセッション画面の保持は、Citrix Gateway でそのまま使用できます。
  • 次の両方の条件が満たされている場合、ICAセッションのセッション画面の保持は機能しません。
    • HDX Insightが有効になっている
    • EnableSRonHAFailoverが NO に設定されている
  • HDX Insightが無効になっている場合、EnableSronhaFailoverノブを「はい」または「いいえ」に設定しても違いはありません。
Citrix ADC 高可用性ペアでのセッションの信頼性