Citrix ADC

最適化

Citrix ADC 最適化機能は、クライアントとサーバー間のトランザクション時間を短縮し、帯域幅の消費を減らします。また、一部のタスクをオフロードし、他のタスクを効率化することで、サーバーのパフォーマンスを向上させます。

機能 説明
クライアントのKeep-Alive 単一のクライアント接続で複数の要求を処理します。クライアントは、サーバーへの要求ごとに新しい接続をネゴシエートする必要はありません。
HTTP 圧縮 サーバーから圧縮対応ブラウザに送信される HTTP 応答を圧縮します。応答が小さくなると、ダウンロード時間が短縮され、帯域幅が節約されます。
統合キャッシュ クライアント要求に対する応答を格納します。同じコンテンツに対する後続の要求は、元のサーバーに転送されるのではなく、Citrix ADCキャッシュから処理されます。
フロントエンドの最適化 クライアントブラウザに提供されるコンテンツを簡素化および最適化することにより、Webページのロードおよびレンダリング時間を短縮します。:NetScaler 10.5以降でサポートされています。
コンテンツアクセラレータ サーバー応答は、Citrix ByteMobile T2100アプライアンスに保存します。:NetScaler 10.1以降でサポートされています。
SPDY (Speedy) クライアントとサーバー間のSPDYGateway として機能し、サーバー上でSPDYを設定/アップグレードすることなく、SPDYサポートを提供します。:NetScaler 10.1以降でサポートされています。

最適化