Citrix ADC

コンテンツアクセラレータ

重要:

コンテンツアクセラレータ機能は、Citrix ADCアプライアンスではサポートされなくなりました。

コンテンツアクセラレータは、Citrix ByteMobile T1100 展開で使用できる Citrix ADC 機能で、Citrix ByteMobile T2100 アプライアンスにデータを格納します。

T2100アプライアンスにデータを保存すると、帯域幅が節約され、応答時間が短縮されます。これは、同じデータを繰り返し要求するためにCitrix ADCがサーバーに接続する必要がないためです。

注: コンテンツアクセラレータは、Citrix のByteMobile プレミアムライセンスで動作します。詳細およびライセンスの取得については、カスタマーサポートにお問い合わせください。

コンテンツアクセラレータのしくみ

負荷分散またはコンテンツスイッチング仮想サーバーがクライアント要求を受信すると、Citrix ADCアプライアンスは、仮想サーバーにバインドされたコンテンツアクセラレータポリシーを評価します。ポリシーは、コンテンツアクセラレータ機能を適用する要求を識別する要求をフィルタリングします。

メモ:HTTP リクエストの場合,コンテンツアクセラレータ機能は,単一バイト範囲リクエストに応答して部分的なコンテンツを提供できます。

次の図は、コンテンツアクセラレータ機能を使用するように構成された仮想サーバにクライアント要求が到着したときにアプライアンスが実行する操作を示しています。

コンテンツアクセラレータの設定

プロセス・フローは次のとおりです。

  1. クライアントが要求を送信します。
  2. Citrix ADCは要求をサーバーに転送します。
  3. サーバは、事前定義された応答サイズ(add ca action コマンドの accumResSize パラメータによって指定)で応答します。
  4. Citrix ADCは、サーバーから送信された応答のハッシュを計算します。
  5. Citrix ADCは、T2100アプライアンス上のハッシュを検索します。
  6. 検索に成功すると、データが利用可能になり、T2100アプライアンスがCitrix ADCにデータを送信します。

    注:データベース検索が成功しなかった 場合、アプライアンスは要求されたデータをサーバーからフェッチし、クライアントにデータを提供し、T2100 アプライアンス上のデータを更新します。 T2100 アプライアンスは、データをキャッシュする要求の数を指定するように設定できます。

  7. Citrix ADCは、クライアントに応答を送信します。

コンテンツアクセラレータを構成する

コンテンツアクセラレータ機能を構成する前に、Citrix ADCアプライアンスでこの機能を有効にする必要があります。

1 つ以上の T2100 アプライアンスを使用するように、コンテンツアクセラレータ機能を設定する必要があります。各 T2100 アプライアンスをサービスとして追加し、設定された T2100 アプライアンス間で負荷を分散する専用のロードバランシング仮想サーバにこれらのサービスをバインドする必要があります。

また、T2100 アプライアンス上のデータを検索するように、コンテンツアクセラレータアクションを設定する必要があります。このアクションでは、T2100 負荷分散仮想サーバーと、ハッシュを計算するためにサーバーからフェッチするデータのサイズ (KB 単位) を指定する必要があります。

アクションは、コンテンツアクセラレータを実行するトラフィックを定義するコンテンツアクセラレータポリシーにバインドする必要があります。コンテンツアクセラレータポリシーは、クライアントトラフィックを受信するコンテンツスイッチまたは負荷分散仮想サーバーにバインドする必要があります。または、ポリシーを適用可能なすべての仮想サーバーにグローバルにバインドすることもできます。

コマンドラインインターフェイスを使用してコンテンツアクセラレータを構成するには

コマンドプロンプトで、次の操作を行います。

  1. コンテンツアクセラレータ機能を有効にします。

    enable ns feature ca

  2. T2100アプライアンスを特定し、それぞれをCitrix ADCアプライアンスにサービスとして追加します。

    add service <name> <IPAddress> <serviceType> <port>

    例:

    > add service T2100-A 10.102.29.61 HTTP 30
    > add service T2100-B 10.102.29.62 HTTP 40
    > add service T2100-C 10.102.29.63 HTTP 50
    

    注:サービスのタイプ はHTTPのみである必要があります。

  3. T2100 アプライアンス用の負荷分散仮想サーバーを作成します。トークン・ロード・バランシング方法と、次の構文に示すルールを指定します。

    add lb vserver <name> <serviceType> <IPAddress> <port> -lbMethod TOKEN -rule "http.req.url.after_str("/lookup/") alt http.req.url.path.SKIP(1).PREFIX(64)"
    

    例:

    add lb vserver T2100-lbvserver HTTP 10.102.29.64 99 -lbMethod TOKEN -rule "http.req.url.after_str("/lookup/") alt http.req.url.path.SKIP(1).PREFIX(64)"
    
  4. T2100 サービスを、作成した負荷分散仮想サーバーにバインドします。

    bind lb vserver <name> <serviceName>

    例:

    > bind lb vserver T2100-lbvserver T2100-A
    > bind lb vserver T2100-lbvserver T2100-B
    > bind lb vserver T2100-lbvserver T2100-C
    
  5. コンテンツアクセラレータアクションを定義します。

    add ca action <name> accumResSize <KBytes> -lbvserver <string> -type lookup

    例:

    > add ca action ca_action1 -type lookup -lbvserver T2100-lbvserver -accumResSize 60

  6. コンテンツアクセラレータポリシーを定義します。

    add ca policy <name> -rule <expression> -action <name>

    例:

    すべてのビデオ形式をキャッシュするコンテンツアクセラレータポリシーを作成します。

    > add ca policy ca_mp4_pol -rule ns_video -action ca_action1

    ns_video は組み込み式です。

  7. コンテンツアクセラレータポリシーをトラフィックを受信する仮想サーバーまたはCitrix ADCシステムにグローバルにバインドします。

    bind lb vserver <name> -policyName <string>

    bind cs vserver <name> -policyName <string>

    bind ca global -policyName <string> -priority <num> -type <type>

    例: コンテンツアクセラレータポリシーを「traf_rec」という名前の仮想サーバーに適用するには

    bind lb vserver traf_rec -policyName ca_mp4_pol

    例: Citrix ADCに到達するすべてのトラフィックにコンテンツアクセラレータポリシーを適用します。

    bind ca global -policyName ca_mp4_pol -priority 100 -type RES_DEFAULT

  8. 構成を保存します。

    save ns config

GUI を使用したコンテンツアクセラレータの構成

  1. [システム] > [設定] > [高度な機能の設定] に移動し、[コンテンツアクセラレータ] を選択します。
  2. 各 T2100 アプライアンスのサービスを作成します。
    1. [トラフィック管理] > [ロードバランシング] > [サービス] に移動します。
    2. [追加] をクリックし、関連する詳細を指定します。[Server] フィールドで、T2100 アプライアンスの IP アドレスを指定していることを確認します。[プロトコル] フィールドで [HTTP] を選択します。
  3. 仮想サーバーを作成し、T2100 サービスをバインドします。
    1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動します。
    2. [追加] をクリックし、関連する詳細を指定します。
    3. メソッドと持続性 」タブで、メソッドを トークン として指定します。
    4. ポリシー 」タブで、ルールをhttp.req.url.after_str(“/lookup/”) alt http.req.url.path.SKIP(1).PREFIX(64)で指定します。
    5. サービス]タブで、仮想サーバにバインドする T2100 サービスを選択します。
  4. コンテンツアクセラレータアクションを作成します。
    1. [最適化] > [コンテンツアクセラレータ] > [アクション] に移動します。
    2. 関連する詳細を指定します。
  5. コンテンツアクセラレータポリシーを作成します。
    1. [最適化] > [コンテンツアクセラレータ] > [ポリシー] に移動します。
    2. [追加] をクリックし、ポリシールールを指定し、コンテンツアクセラレータアクションを関連付けます。
  6. コンテンツアクセラレータポリシーをグローバルにバインドするか、仮想サーバーにバインドします。
    1. [最適化] > [コンテンツアクセラレータ] に移動します。
    2. [**コンテンツアクセラレータポリシーマネージャ] ** [REQUEST]または [コンテンツアクセラレータポリシーマネージャ] [RESPONSE]セクションで、コンテンツアクセラレータポリシーをグローバルにバインドするか、仮想サーバにバインドします。

コンテンツアクセラレータ