Citrix ADC

データベース・プロトコルのキャッシュ・サポート

統合キャッシュ機能は、キャッシュポリシーによって決定されたデータベース要求を監視し、キャッシュします。Citrix ADCアプライアンスはデフォルトのポリシーを提供しないため、ユーザーはMYSQLプロトコルとMSSQLプロトコルのキャッシュポリシーを構成する必要があります。デフォルトのプロトコルを設定する場合、要求ベースのポリシーはCACHEアクションとINVALアクションのみをサポートし、応答ベースのポリシーはNOCACHEアクションのみをサポートすることを覚えておいてください。ポリシーを構成したら、それらを仮想サーバーにバインドする必要があります。MYSQLポリシーとMSSQLポリシーは、要求と応答の両方で、仮想サーバーにのみバインドされます。

キャッシュポリシーを作成する前に、タイプが MYSQLまたはMSSQL のキャッシュコンテンツグループを作成する必要があります。キャッシュコンテンツグループを作成するときは、少なくとも 1 つの選択セレクタをそのグループに関連付けます。キャッシュコンテンツグループの設定については、基本コンテンツグループの設定を参照してください。

次に、SQL プロトコルのキャッシュサポートを設定および確認する例を示します。

> enable feature IC
> set cache parameter -memlimit 100
> add cache selector sel1 mssql.req.query.text

> add cache contentgroup cg1  -type "MSSQL" -hitselector "sel1" -invalselector "inval_sel" -relExpiry "500" -maxResSize
 "100"
> add cache policy cp1  -rule "mssql.req.query.command.contains("select")" -action "CACHE" -storeInGroup "cg1"
> add cache policy cp2  -invalObjects "cg1" -rule "mssql.req.query.text.contains("insert")" -action "INVAL"
> add db user user1  -password "Pass1"
> add service svc_sql_1 10.102.147.70 mssql 64834 -healthMonitor "NO" -downstateflush "ENABLED"
> add lb vserver lb_mssql1 mssql 10.102.147.77 1433  -lbmethod "roundrobin"
> bind lb vserver lb_mssql1 svc_sql_1
> bind lb vserver lb_mssql1 -policyName cp1  -type "REQUEST" -priority "2"
> bind lb vserver lb_mssql1 -policyName cp2  -type "REQUEST" -priority "1"

> show cache selector sel1
     Name:sel1
                    Expressions:
                    1)mssql.req.query.text
> show cache policy cp1
                    Name:cp1
     Rule:mssql.req.query.command.contains("select")
                    CacheAction:CACHE
                    Stored in group: cg1
                    UndefAction:Use Global
                Hits:2
                    Undef Hits:0
                    Policy is bound to following entities
                    1) Bound to:
                                REQ VSERVER lb_mssql1
                                Priority:2
                                GotoPriorityExpression: END

注:

フラッシュクラウドを減らすで説明されているように、フラッシュクラウドを減らす方法は、MYSQL および MSSQL プロトコルではサポートされていません。

データベース・プロトコルのキャッシュ・サポート