Citrix ADC

統合キャッシュをフォワードプロキシとして構成する

統合キャッシュは、他のCitrix ADCアプライアンスまたは他のタイプのキャッシュサーバーに要求を渡すフォワードプロキシデバイスとして機能します。統合キャッシュをフォワードプロキシとして構成するには、キャッシュサーバの IP アドレスを指定します。転送プロキシを構成した後、Citrix ADCアプライアンスは、統合されたキャッシュを使用する代わりに、構成済みのIPアドレスを含む要求をキャッシュサーバーに送信します。

コマンドラインインターフェイスを使用してCitrix ADCをフォワードキャッシュプロキシとして構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add cache forwardProxy <IPAddress> <port>

GUIを使用してCitrix ADCをフォワードキャッシュプロキシとして構成するには

  1. [最適化] > [統合キャッシュ] > [フォワードプロキシ] に移動し、IP アドレスとポート番号を指定してフォワードプロキシを追加します。

統合キャッシュをフォワードプロキシとして構成する