Citrix ADC

キャッシュと無効化のポリシーを構成する

ポリシーにより、統合キャッシュは、キャッシュまたはオリジンからの応答の提供を試みるかどうかを判断できます。NetScaler アプライアンスには、統合キャッシュ用のポリシーが組み込まれており、追加のポリシーを構成できます。ポリシーを設定するときは、アクションに関連付けます。アクションは、ポリシーが適用されるオブジェクトをキャッシュするか、オブジェクトを無効化(期限切れ)します。通常、キャッシュポリシーは GET リクエストと POST リクエストの情報に基づいています。通常、無効化ポリシーは、リクエスト内のPOSTメソッドの存在と他の情報に基づきます。キャッシュポリシーまたは無効化ポリシーでは、GET または POST リクエスト内の任意の情報を使用できます。

構成ユーティリティーの統合キャッシュの [ポリシー] ノードで、組み込みポリシーの一部を表示できます。組み込みのポリシー名は、アンダースコア(_)で始まります。

アクションによって、トラフィックがポリシーに一致した場合のNetScaler アプライアンスの動作が決まります。実行できるアクションは次のとおりです:

  • キャッシングアクション。CACHE アクションに関連付けるポリシーは、応答をキャッシュに保存し、キャッシュから処理します。
  • 無効化アクション。INVAL アクションに関連付けるポリシーは、キャッシュされた応答をただちに期限切れにし、オリジンサーバーから更新します。Web ベースのアプリケーションでは、無効化ポリシーによって POST 要求が評価されることがよくあります。
  • 「キャッシュしない」アクション。NOCACHE アクションに関連付けるポリシーは、オブジェクトをキャッシュに保存しません。
  • アクションを暫定的にキャッシュします。MAYCACHE または MAYNOCACHE アクションに関連付けるポリシーは、追加のポリシー評価の結果によって異なります。

統合キャッシュは LOCK メソッドで指定されたオブジェクトを格納しませんが、LOCK リクエストを受け取ったときにキャッシュされたオブジェクトを無効にすることができます。無効化ポリシーの場合のみ、http.req.method.eq(「ロック」)という式を使用してメソッドとして LOCK を指定できます。NetScaler アプライアンスはこのメソッド名を文字列としてのみ認識するため、GETリクエストやPOSTリクエストのポリシーとは異なり、LOCKメソッドを引用符で囲む必要があります。

ポリシーを作成したら、リクエストとレスポンスの全体的な処理における特定のポイントにポリシーをバインドします。ポリシーをバインドする前にポリシーを作成しますが、ポリシーを作成する前に、バインドポイントが処理の順序にどのように影響するかを理解しておく必要があります。

特定のバインドポイントにバインドされたポリシーは、ポリシーバンクを構成します。goto式を使用して、ポリシーバンクでの実行順序を変更できます。また、他のポリシーバンクでポリシーを呼び出すことができます。また、ラベルを作成し、ラベルにポリシーをバインドすることもできます。このようなラベルは処理ポイントに関連付けられませんが、そのラベルにバインドされているポリシーは、他のポリシーバンクから呼び出すことができます。

統合キャッシュポリシーに関連付けるアクション

次の表では、統合キャッシュポリシーのアクションについて説明します。

操作(アクション) 仕様
CACHE 応答の有効期限が切れていない場合は、キャッシュからの応答を提供します。応答を元のサーバーからフェッチする必要がある場合、NetScaler アプライアンスは応答を提供する前に応答をキャッシュします。頻繁に更新され、アクセスされるデータもキャッシュできます。たとえば、株価は頻繁に更新されますが、複数のユーザーにすばやく提供できるようにキャッシュすることができます。必要に応じて、キャッシュされたデータは、ダウンロードされた直後に更新できます。CACHE アクションは、組み込みポリシーによって上書きできます。
NOCACHE 常にオリジンサーバーからの応答をフェッチし、応答を非保存としてマークします。通常、機密データまたはパーソナライズされたデータに対して NOCACHE ポリシーを構成します。
MAY_CACHE この設定は要求時間ポリシーで使用され、応答時間ポリシーの評価を保留して、応答をコンテンツグループに保存できるようにします。以下が可能です:1。一致する応答時間ポリシーに CACHE アクションがあり、コンテンツグループが指定されていない場合、組み込みポリシーがこのポリシーを上書きしない限り、応答は Default グループに格納されます。一致する応答時間ポリシーに CACHE アクションがあり、要求時間ポリシーと同じコンテンツグループが指定されている場合、組み込みポリシーがこのポリシーを上書きしない限り、応答は名前付きコンテンツグループに保存されます。3. 一致する応答時間ポリシーに CACHE アクションがあり、要求時間ポリシーとは異なるコンテンツグループが指定されている場合は、NOCACHE アクションが適用されます。4. 一致する応答時間ポリシーに NOCACHE アクションがある場合は、NOCACHE アクションを実行します。5. 一致する応答時間ポリシーがない場合、組み込みポリシーがこのポリシーを上書きしない限り、CACHE アクションが適用されます。
MAY_NOCACHE 要求時間ポリシーの場合、この設定は応答のキャッシュを暫定的に防止します。応答時に、次のいずれかのアクションが実行されます。-応答時間ポリシーが要求に一致しない場合、最後のアクションは NOCACHE です。-一致する応答時間ポリシーに CACHE アクションが含まれている場合、組み込みポリシーがこのポリシーを上書きしない限り、最終的なアクションは CACHE です。-一致する応答時間ポリシーに NOCACHE アクションが含まれている場合、最後のアクションは NOCACHE です。-一致する応答時間ポリシーに CACHE アクションがあり、コンテンツグループが指定されていない場合、組み込みポリシーがこのポリシーを上書きしない限り、最終的なアクションは Default コンテンツグループの応答を CACHE することです。
INVAL キャッシュされた応答を期限切れにします。ポリシーとコンテンツグループの構成方法に応じて、1 つ以上のコンテンツグループ内のすべての応答が期限切れになるか、またはコンテンツグループ内の選択したオブジェクトが期限切れになります。注意:INVAL アクションは、リクエスト時間ポリシーでのみ指定できます。

ポリシーのバインドポイント

ポリシーは、次のいずれかのバインドポイントにバインドできます。

  • グローバルポリシーバンク。これらは、「ポリシー評価の順序」で説明されているように、要求時間のデフォルト、要求時間のオーバーライド、応答時間のデフォルト、および応答時間のオーバーライドポリシーバンクです。
  • 仮想サーバ。仮想サーバにバインドしたポリシーは、グローバルオーバーライドポリシーの後、およびグローバルデフォルトポリシーの前に処理されます(ポリシー評価の順序を参照)。ポリシーを仮想サーバにバインドする場合は、要求時間または応答時間処理のいずれかにバインドします。
  • アドホックポリシーラベル。ポリシーラベルは、ポリシーバンクに割り当てられた名前です。統合キャッシュには、グローバルラベルに加えて、次の 2 つの組み込みカスタムポリシーラベルがあります。
    • _reqBuiltinDefaults. このポリシーラベルは、デフォルトでは、要求時のデフォルトポリシーバンクから呼び出されます。
    • _resBuiltinDefaults. このポリシーラベルは、デフォルトでは、応答時間のデフォルトポリシーバンクから呼び出されます。

新しいポリシーラベルを定義することもできます。ユーザー定義のポリシーラベルにバインドされたポリシーは、いずれかの組み込みバインドポイントのポリシーバンク内から呼び出す必要があります。

重要: INVAL アクションを持つポリシーは、要求時の上書きまたは応答時間の上書きバインドポイントにバインドする必要があります。ポリシーを削除するには、まずポリシーをバインド解除する必要があります。

ポリシー評価の順序

高度なポリシーを有効にするには、NetScaler アプライアンスのトラフィック処理中のある時点でポリシーが呼び出されるようにする必要があります。呼び出し時間を指定するには、ポリシーをバインドポイントに関連付けます。以下は、評価順にリストされたバインドポイントです。

  • 要求時のオーバーライド。要求が要求時間上書きポリシーと一致する場合、デフォルトで要求時間ポリシーの評価が終了し、NetScaler アプライアンスは一致するポリシーに関連付けられたアクションを保存します。
  • 要求時の負荷分散仮想サーバ。すべての要求時間上書きポリシーの評価後にポリシー評価を完了できない場合、NetScaler アプライアンスは、負荷分散仮想サーバーにバインドされた要求時間ポリシーを処理します。リクエストがこれらのポリシーのいずれかに一致すると、評価は終了し、NetScaler アプライアンスは一致するポリシーに関連付けられたアクションを保存します。
  • 要求時のコンテンツスイッチング仮想サーバー。このバインドポイントにバインドされているポリシーは、負荷分散仮想サーバーにバインドされている要求時間ポリシーの後に評価されます。
  • 要求時のデフォルト。すべての要求時間後にポリシー評価を完了できない場合、仮想サーバー固有のポリシーが評価され、NetScaler アプライアンスは要求時間のデフォルトポリシーを処理します。要求が要求時間のデフォルトポリシーと一致する場合、デフォルトで要求時間ポリシーの評価が終了し、NetScaler アプライアンスは一致するポリシーに関連付けられたアクションを保存します。
  • 応答時間のオーバーライド。要求時間上書きポリシー評価に似ています。
  • 応答時間の負荷分散仮想サーバ。要求時の仮想サーバポリシーの評価に似ています。
  • 応答時間のコンテンツスイッチング仮想サーバー。要求時の仮想サーバポリシーの評価に似ています。
  • 応答時間のデフォルト。要求時のデフォルトポリシー評価に似ています。

各バインドポイントに複数のポリシーを関連付けることができます。バインドポイントに関連付けられたポリシーの評価順序を制御するには、プライオリティレベルを設定します。他のフロー制御情報がない場合、ポリシーは、プライオリティレベルに従って評価されます。プライオリティレベルは、最も低い数値から開始します。

すべての統合キャッシュポリシーが評価された後、要求時間ポリシーと応答時間ポリシーに競合するアクションが指定されている場合。

注: 統合キャッシュ内の組み込みのリクエスト時間ポリシーは、POST リクエストに対して NOCACHE アクションと Cookie を含むリクエストに対する MAY_NOCACHE アクションを返すため、リクエスト時間オーバーライド評価中に呼び出す必要があります。MAY_CACHE または MAY_NOCACHE アクションは、パラメータ化されたコンテンツグループを指す要求時ポリシーに関連付けることに注意してください。応答時間ポリシーによって、トランザクションがキャッシュに格納されるかどうかが決まります。

統合キャッシュのポリシーを構成する

組み込みポリシーで処理できないデータを処理するには、新しいポリシーを構成します。キャッシュ、キャッシュの発生の防止、およびキャッシュされたデータの無効化には、個別のポリシーを構成します。統合キャッシュのポリシーの主なコンポーネントは次のとおりです。

  • ルール:HTTP リクエストまたはレスポンスを評価する論理式。
  • アクション:ポリシーとアクションを関連付けて、ポリシー規則に一致するリクエストまたはレスポンスの処理を決定します。

コンテンツグループ:ポリシーを 1 つ以上のコンテンツグループに関連付けて、アクションを実行する場所を特定します。

コマンドラインインターフェイスを使用してキャッシュのポリシーを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add cache policy <policyName> -rule <expression> -actionCACHE|MAY_CACHE|NOCACHE|MAY_NOCACHE [-storeInGroup <contentGroupName>] [-undefAction NOCACHE|RESET] > add cache policy image_cache -rule "http.req.url.contains(\"jpg\") || http.req.url.contains(\"jpeg\")" -action CACHE -storeingroup myImages_group -undefaction NOCACHE

> add cache policy bugReportPolicy -rule "http.req.url.query.contains(\"IssuePage\")" -action CACHE -storeInGroup bugReportGroup

> add cache policy my_form_policy -rule "http.req.header(\"Host\")contains(\"my.company.com\") && http.req.method.eq(\"GET\") && http.req.url.query.contains(\"v=7\")" -action CACHE -storeInGroup my_form_event

> add cache policy viewproducts_policy –rule "http.req.url.contains(\"viewproducts.aspx\")" –action CACHE -storeInGroup Product_Details

コマンドラインインターフェイスを使用して無効化ポリシーを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add cache policy <policyName> -rule <expression> -action INVAL [-invalObjects "\<contentGroupName1>[,<selectorName1>"]. . .]] | [-invalGroup \<contentGroupName1>[, <contentGroupName2>. . .]] [-undefAction NOCACHE|RESET]

> add cache policy invalidation_events_policy -rule "http.req.header("Host")contains("my.company.com") && http.req.method.eq("GET") && http.req.url.query.contains("v=8") -action INVAL -invalObjects my_form_event -undefaction NOCACHE

> add cache policy inval_all -rule "http.req.method.eq("POST") && http.req.url.contains("jpeg")" -action INVAL -invalGroups myImages_group myApps_group PDF_group

> add cache policy bugReportInvalidationPolicy -rule "http.req.url.query.contains(\"TransitionForm\")" -action INVAL -invalObjects bugReport > add cache policy editproducts_policy –rule "http.req.url.contains(\"editproducts.aspx\")" –action INVAL -invalObjects "Product_Details,batchnum_sel" "Products_In_Depots,batchid_sel"

GUI を使用してキャッシュまたは無効化のポリシーを構成するには

[最適化] > [統合キャッシュ] > [ポリシー] に移動し、新しいポリシーを作成します。

統合キャッシュポリシーのグローバルバインド

ポリシーをグローバルにバインドすると、NetScaler アプライアンス上のすべての仮想サーバーでポリシーを使用できます。

コマンドラインインターフェイスを使用して統合キャッシュポリシーをグローバルにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

bind cache global <policy> -priority <positiveInteger> [-typeREQ_OVERRIDE|REQ_DEFAULT|RES_OVERRIDE|RES_DEFAULT] [-gotoPriorityExpression <expression>] [-invoke <labelType> <labelName>]

> bind cache global myCachePolicy -priority 100 -type req_default

type引数は、以前のバージョンのNetScaler アプライアンスを使用して定義したポリシーとの下位互換性を維持するために、グローバルにバインドされたポリシーの場合はオプションです。タイプを省略すると、ポリシールールが応答時間式か要求時間式かに応じて、ポリシーは REQ_DEFAULT または RES_DEFAULT にバインドされます。ルールに要求時間と応答時間のパラメータの両方が含まれている場合は、RES_DEFAULT にバインドされます。以下は、型を省略するバインディングの例です

次に、型を省略するバインディングの例を示します。

> bind cache global myCache Policy 200

構成ユーティリティを使用して統合キャッシュポリシーをグローバルにバインドするには

[最適化] > [統合キャッシュ] に移動し、[キャッシュポリシーマネージャ] をクリックし、関連するバインドポイントと接続タイプ (要求/応答) を指定して、ポリシーをバインドします。

統合キャッシュポリシーを仮想サーバーにバインドする

ポリシーを仮想サーバにバインドすると、ポリシーに一致し、関連する仮想サーバを通過する要求と応答に対してのみ使用できます。

構成ユーティリティを使用する場合は、仮想サーバの構成ダイアログ・ボックスを使用してポリシーをバインドできます。これにより、この仮想サーバーにバインドされているすべてのNetScaler モジュールのすべてのポリシーを表示できます。統合キャッシュの Policy Manager 設定ダイアログを使用することもできます。これにより、仮想サーバーにバインドされている統合キャッシュポリシーのみを表示できます。

コマンドラインインターフェイスを使用して統合キャッシュポリシーを仮想サーバーにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • bind lb vserver <name>@ -policyName <policyName> -priority <positiveInteger> -type(REQUEST|RESPONSE)
  • bind cs vserver <name>@ -policyName <policyName> -priority <positiveInteger> -type(REQUEST|RESPONSE)

構成ユーティリティを使用して統合キャッシュポリシーを仮想サーバーにバインドするには (仮想サーバーメソッド)

  • CS 仮想サーバー-[トラフィック管理] > [コンテンツスイッチング] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを選択し、関連するキャッシュポリシーをバインドします。
  • LB 仮想サーバー-[トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを選択し、関連するキャッシュポリシーをバインドします。

構成ユーティリティを使用して統合キャッシュポリシーを仮想サーバーにバインドするには (Policy Manager メソッド)

[最適化] > [統合キャッシュ] に移動し、[キャッシュポリシーマネージャ] をクリックし、関連するバインドポイントと接続タイプを指定してキャッシュポリシーをバインドします。

注: 適切なバインドポイントを選択すると、LB 仮想サーバーと CS 仮想サーバーの両方にキャッシュポリシーをバインドできます。

ファイルの圧縮および非圧縮バージョンをキャッシュする方法

デフォルトでは、圧縮を処理できるクライアントは、圧縮されていない応答または圧縮された応答を gzip、deflate、compress、および pack200-gzip 形式で提供できます。クライアントが圧縮を処理する場合、Accept-Encode.compression フォーマットヘッダーが要求で送信されます。クライアントによって受け入れられる圧縮タイプは、キャッシュされたオブジェクトの圧縮タイプと一致する必要があります。たとえば、キャッシュされた.gzipファイルは、Accept-Encoding.deflateヘッダーを持つ要求に応答して提供することはできません。

圧縮を処理できないクライアントは、キャッシュされた応答が圧縮されている場合、キャッシュミスを処理します。

動的キャッシュの場合、同じデータの圧縮データ用と非圧縮バージョン用の 2 つのコンテンツグループを構成する必要があります。次に、圧縮を処理できないクライアントにキャッシュから圧縮されていないファイルを提供するためのセレクタ、コンテンツグループ、およびポリシーを構成し、圧縮を処理できるクライアントに同じファイルの圧縮バージョンを提供する例を示します。

add cache selector uncompressed_response_selector http.req.url "http.req.header(\"Host\")"

add cache contentGroup uncompressed_group -hitSelector uncompressed_responst_selector -invalSelector uncomp_resp_sel

add cache policy cache_uncompressed -rule "HTTP.REQ.URL.CONTAINS(\"xyz\") && !HTTP.REQ.HEADER(\"Accept-Encoding\").EXISTS" -action CACHE -storeInGroup uncompressed_group

bind cache global cache_uncompressed -priority 100 -gotoPriorityExpression END -type REQ_OVERRIDE

add cache selector compressed_response_selector HTTP.REQ.URL "HTTP.REQ.HEADER(\"Host\")" "HTTP.REQ.HEADER(\"Accept-Encoding\")"

add cache contentGroup compressed_group -hitSelector compressed_response_selector

add cache policy cache_compressed -rule "HTTP.REQ.URL.CONTAINS(\"xyz\") && HTTP.REQ.HEADER(\"Accept-Encoding\").EXISTS" -action CACHE -storeInGroup compressed_group

bind cache global cache_compressed -priority 200 -gotoPriorityExpression END -type REQ_OVERRIDE

キャッシュ用のポリシーバンクの構成

特定のバインドポイントに関連付けられているすべてのポリシーは、まとめてポリシーバンクと呼ばれます。バンクのポリシーのプライオリティレベルを設定する以外に、Goto式を設定することで、バンクの評価順序を変更できます。現在のポリシーバンク内から外部ポリシーバンクを呼び出すことによって、評価順序をさらに変更できます。また、独自のラベルを割り当てる新しいポリシーバンクを構成することもできます。このようなポリシーバンクは、処理サイクルのどの時点にも拘束されないため、他のポリシーバンク内からのみ呼び出すことができます。便宜上、組み込みのバインドポイントに対応しないラベルを持つポリシーバンクをポリシーラベルと呼びます。

ポリシーのバインドと優先度レベルの割り当てによるポリシー評価の順序の制御に加えて、「バインドポリシー」で説明されているように、ポリシーのバンク内でフローを確立できます。Goto式を設定します。Goto式は、優先度レベルによって決定されるフローを上書きします。また、現在のバンクのエントリを評価した後に外部ポリシーバンクを呼び出すことによって、評価フローを制御することもできます。評価の完了後、評価は常に現在のバンクに戻ります。

次の表は、ポリシーバンクで評価を制御するためのエントリをまとめたものです。

属性 指定内容
名前 ポリシーの名前。ポリシーを評価せずに別のポリシーバンクを呼び出す場合は、キーワード NOPOLICY。ポリシーバンクでは NOPOLICY を複数回指定できますが、名前付きポリシーは一度しか指定できません。
優先度 整数。整数値が小さいほど、優先度が高くなります。
Goto式 次に評価するポリシーまたはポリシーバンクを決定します。次のいずれかの値を指定できます。1. NEXT:次に高い優先度を持つポリシーに移動します。2. END:評価を停止します。3. USE_INVOCATION_RESULT: このエントリが別のポリシー・バンクを呼び出す場合に適用されます。呼び出されたバンクの最後の Gotoの値が END の場合、評価は停止します。最後のGotoがEND以外のものである場合、現在のポリシーバンクはNEXTを実行します。4. 正の数:評価される次のポリシーの優先度番号。5. 数値式:評価される次のポリシーの優先順位番号を生成する式。Gotoは、ポリシーバンクでのみ進めることができます。Goto 式を省略することは、END を指定することと同じです。
呼び出しタイプ ポリシーバンクタイプを指定します。値は次のいずれかになります-1。要求仮想サーバー:仮想サーバーに関連付けられている要求時間ポリシーを呼び出します。2. 応答サーバー:仮想サーバーに関連付けられている応答時間ポリシーを呼び出します。3. ポリシーラベル:バンクのポリシーラベルで識別される、別のポリシーバンクを起動します。
呼び出し名 [呼び出しタイプ]に指定した値に応じて、仮想サーバまたはポリシー・ラベルの名前。

統合キャッシュには 2 つの組み込みポリシーラベルがあり、追加のポリシーラベルを設定できます。

_reqBuiltInDefaults: このポリシーラベルは、リクエスト時のデフォルトバインドポイントから呼び出されます。 _resBuiltInDefaults: このポリシーラベルは、レスポンス時間のデフォルトバインドポイントから呼び出されます。

コマンドラインインターフェイスを使用してキャッシュポリシーバンクでポリシーラベルを呼び出すには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

bind cache policylabel <labelName> -policname<policyName> -priority<priority> [-gotoPriorityExpression <gotopriorityExpression>] [-invoke <labelType> <labelName>]

GUI を使用してキャッシュ・ポリシーバンクでポリシー・ラベルを呼び出すには

  1. [最適化] > [統合キャッシュ] に移動し、[キャッシュポリシーマネージャ] をクリックし、関連するバインドポイント ([グローバル上書き] または [デフォルトグローバル]) と接続タイプを指定して、このバインドポイントにバインドされているポリシーのリストを表示します。

  2. ポリシーを評価せずにポリシー・ラベルを呼び出す場合は、[NOPOLICY] をクリックします。

外部ポリシーバンクを呼び出すには、[呼び出しタイプ] 列のフィールドをクリックし、ポリシーバンクでこの時点で呼び出すポリシーバンクのタイプを選択します。これは、グローバルラベルまたは仮想サーババンクです。[呼び出し名]フィールドに、ラベルまたは仮想サーバ名を入力します。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想サーバーポリシーバンクでキャッシュポリシーラベルを呼び出すには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • bind lb vserver <name>@ -policyName <policyName>|<NOPOLICY-CACHE> -priority<positiveInteger> -gotoPriorityExpression <expression> -type REQUEST|RESPONSE -invoke<labelType> <labelName>
  • bind cs vserver <name> -policyName <policyName>|<NOPOLICY-CACHE> -priority<positiveInteger> -gotoPriorityExpression <expression> -type REQUEST|RESPONSE -invoke<labelType> <labelName>

GUI を使用して仮想サーバポリシーバンクでキャッシュポリシーラベルを呼び出すには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散/コンテンツスイッチング] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを選択して [ポリシー] をクリックします。
  2. このバンクに既存のエントリを設定する場合は、この手順をスキップします。このポリシーバンクに新しいポリシーを追加する場合、または「ダミー」NOPOLICY エントリを使用する場合は、[追加] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。
    • 新しいポリシーを設定するには、[Cache] をクリックし、統合キャッシュのポリシーの構成の説明に従って新しいポリシーを設定します。
    • ポリシー・ルールを処理せずにポリシー・バンクを起動するには、「NOPOLICY-CACHE」オプションを選択します。

外部ポリシーバンクを呼び出すには、[呼び出しタイプ] 列のフィールドをクリックし、ポリシーバンクでこの時点で呼び出すポリシーバンクのタイプを選択します。これは、グローバルラベルまたは仮想サーババンクです。[呼び出し名]フィールドに、ラベルまたは仮想サーバ名を入力します。

統合キャッシュでのポリシーラベルの設定

組み込みバインドポイントまたは仮想サーバーのポリシーバンクでポリシーを構成する以外に、キャッシュポリシーラベルを作成し、これらの新しいラベルのポリシーバンクを構成できます。

統合キャッシュのポリシーラベルは、 統合キャッシュ の詳細ペインの Policy Manager で表示できるバインドポイントの 1 つ(要求の上書き、要求のデフォルト、応答の上書き、または応答のデフォルト)、または組み込みのポリシーラベル _reqBuildIndefaultIndefaults および_resBuildinDefaults。ポリシーラベルは、一度だけ呼び出すことができるポリシーとは異なり、何度でも呼び出すことができます。

Citrix ADC GUIには、ポリシーラベルの名前を変更するオプションがあります。ポリシー・ラベルの名前を変更しても、ラベルにバインドされているポリシーの評価プロセスには影響しません。

NOPOLICY の「ダミー」ポリシーを使用して、別のポリシーバンクから任意のポリシーラベルを呼び出すことができます。NOPOLICY エントリは、ルールを処理しないプレースホルダーです。

コマンドラインインターフェイスを使用してキャッシュ用のポリシーラベルを構成するには

コマンド・プロンプトで次のコマンドを入力して、ポリシー・ラベルを作成し、構成を確認します。

  • add cache policylabel <labelName> -evaluates (REQ|RES)
  • show cache policylabel <labelName>

このポリシーラベルは、ポリシーバンクから呼び出します。

GUI を使用してキャッシュ用のポリシーラベルを構成するには

[最適化] > [統合キャッシュ] > [ポリシーラベル] に移動し、ポリシーラベルを追加して、キャッシュされたポリシーをバインドします。

: NetScaler がポリシーラベルを適切なタイミングで処理するようにするには、組み込みのバインドポイントに関連付けられたポリシーバンクの1つでこのラベルの呼び出しを構成します。

GUI を使用してポリシー・ラベルの名前を変更するには

[最適化] > [統合キャッシュ] > [ポリシーラベル] に移動して、ポリシーラベルを選択し、名前を変更します。

統合キャッシュポリシーとポリシーラベルのバインド解除と削除

ポリシーバンクからポリシーをバインド解除したり、削除したりできます。ポリシーを削除するには、まずポリシーをバインド解除する必要があります。ポリシーラベルの呼び出しを削除し、ポリシーラベルを削除することもできます。ポリシーラベルを削除するには、まずラベルに設定した呼び出しをすべて削除する必要があります。

組み込みのバインドポイント (要求のデフォルト、要求のオーバーライド、応答のデフォルト、応答の上書き) のラベルのバインドを解除または削除することはできません。

コマンドラインインターフェイスを使用してグローバルキャッシュポリシーをバインド解除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

unbind cache global <policy>

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想サーバー固有のキャッシュポリシーをバインド解除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

(unbind lb vserver|unbind cs vserver) <vserverName> -policyName <policyName> -type(REQUEST|RESPONSE)

コマンドラインインターフェイスを使用してキャッシュポリシーを削除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

rm cache policy <policyName>

構成ユーティリティを使用してキャッシュポリシーをバインド解除するには

[最適化] > [統合キャッシュ] に移動し、[キャッシュポリシーマネージャ] をクリックし、関連するバインドポイントと接続タイプ (要求/応答) を指定してポリシーをバインド解除します。

構成ユーティリティを使用してポリシーラベル呼び出しを削除するには

  1. [最適化] > [統合キャッシュ] に移動し、[キャッシュポリシーマネージャ] をクリックし、関連するBingポイント(LB仮想サーバーまたはCS仮想サーバー)と接続タイプを指定して、この仮想サーバーにバインドされたキャッシュポリシーのリストを表示します。
  2. ポリシーの [呼び出し] 列で、エントリをクリアします。