Citrix ADC

コンテンツフィルタの有効化

デフォルトでは、コンテンツフィルタリングは、Citrix ADCオペレーティングシステム8.0以降を実行しているCitrix ADCアプライアンスで有効になっています。8.0 より前のオペレーティングシステムバージョンから既存のアプライアンスをアップグレードする場合は、コンテンツフィルタを使用する前にライセンスを更新する必要があります。また、コンテンツフィルタ機能自体を手動で有効にする必要があります。

CLI を使用したコンテンツのフィルタリングの有効化

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、コンテンツフィルタを有効にし、構成を確認します。

-  enable ns feature ContentFiltering
-  show ns feature

例:

> enable ns feature ContentFiltering
 Done
> show ns feature

        Feature                        Acronym              Status
        -------                        -------              ------
 1)     Web Logging                    WL                   ON
 2)     Surge Protection               SP                   OFF
 .
 .
 .
 .
 11)    Http DoS Protection            HDOSP                OFF
 12)    Content Filtering              CF                   ON
 .
 .
 23)    HTML Injection                 HTMLInjection        ON
 24)    Citrix ADC Push                 push                 OFF
 Done

GUI を使用したフィルタリングによるコンテンツの有効化

  1. ナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[設定] を選択します。
  2. 詳細ウィンドウで、[基本機能の構成] をクリックします。
  3. [基本機能の構成] ウィンドウで、[コンテンツフィルタ] チェックボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

コンテンツフィルタの有効化