Citrix ADC

コンテンツフィルタ処理の構成

コンテンツフィルタリング機能を有効にしたら、Citrix ADCアプライアンスに受信する接続の処理方法を指示するアクションを1つ以上作成します。

コンテンツフィルタリングは、HTTP リクエストに対して次のアクションをサポートします。

  • [追加]: Web サーバーに要求を送信する前に、指定された HTTP ヘッダーを追加します。

  • リセット: 接続を終了し、適切な終了通知をユーザーのブラウザに送信します。

  • [転送]: 要求を指定されたサービスにリダイレクトします。

  • Drop: ユーザーのブラウザに応答を送信せずに、要求を静かに削除します。

  • [破損]: 指定された HTTP ヘッダーを変更して、実行しようとしている機能を実行できないようにし、要求をサーバーに送信します。

コンテンツフィルタリングは、HTTP 応答に対して次のアクションをサポートします。

  • Add: ユーザーのブラウザにレスポンスを送信する前に、指定された HTTP ヘッダーを追加します。

  • ErrorCode: 指定されたHTTPエラーコードをユーザーのブラウザに返します。

  • [破損]: 指定された HTTP ヘッダーを変更して、そのヘッダーを意図した機能を実行できないようにし、応答をユーザーのブラウザに送信します。

CLI を使用したコンテンツフィルタ処理の設定

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、コンテンツフィルタ処理アクションを構成し、構成を確認します。

-  add filter action <name> <qualifier> [<serviceName>] [<value>] [<respCode>] [<page>]
-  show filter action <name>

例:

> add filter action act_drop Drop
 Done
> show filter action act_drop
1)      Name: act_drop   Filter Type: drop
 Done

GUI を使用したコンテンツフィルタアクションの構成

  1. [セキュリティ] > [保護機能] > [フィルタ] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。
    • 新しいアクションを作成するには、[追加] をクリックします。
    • 既存のアクションを変更するには、アクションを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [フィルタ動作の追加] または [フィルタ動作の構成] ダイアログボックスで、パラメータの値を指定します。
    • アクション名*—name
    • Qualifier*:修飾子(次のどのパラメータを設定できるかを決定します)
    • サービス名:サービス名
    • ヘッダー名:値-値
    • 応答コード:応答コード
    • 応答ページ:ページ
  4. その他の必要な情報を入力します。たとえば、HTTP エラーコードを送信するようにアクションを設定する場合は、ドロップダウンリストから適切なエラーコードを選択する必要があります。必要に応じて、ドロップダウンリストの下に表示されるエラーメッセージのテキストを変更できます。
  5. [ 作成 ] または [ OK]をクリックし、[ 閉じる] をクリックします。[アクション] リストには、設定したアクションが表示され、ステータスバーにアクションが作成されたことを示すメッセージが表示されます。

コンテンツフィルタ処理の構成