Citrix ADC

トラブルシューティング

構成後にコンテンツフィルタリング機能が期待どおりに機能しない場合は、一般的なツールを使用してCitrix ADCリソースにアクセスし、問題を診断できます。

トラブルシューティングのリソース

以下のツールとリソースを使用して、Citrix ADCアプライアンスのコンテンツフィルタリングの問題のほとんどをトラブルシューティングできます。

  • Citrix ADC トレースファイル用にカスタマイズされた Wireshark アプリケーション
  • リソースへのアクセス時に記録されたトレースファイル
  • 設定ファイル
  • ns.log ファイル
  • iehttpheaders、またはFiddler トレースまたは同様のユーティリティ

コンテンツフィルタに関する問題のトラブルシューティング

コンテンツフィルタに関する問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

  • 機能が有効になっていることを確認します。
  • コンテンツフィルタポリシーが正しく構成されていることを確認します。着信要求を評価する式には特に注意してください。

    ほとんどのコンテンツフィルタの問題は、誤った構成が原因で発生し、エラーはポリシー構成で最も頻繁に発生します。

  • ポリシーの Select カウンタをチェックして、増加していることを確認します。そうでない場合、ポリシーは評価されません。
  • ポリシーが評価され、必要なフィルタリングがまだ実行されない場合は、ポリシーの式とアクションを調べる必要があります。
  • ポリシーの式が有効と思われる場合は、単純な NSTRUE 値を割り当ててテストし、式の評価によって問題が発生していないかどうかを確認します。
  • フィルタリングがリクエストとレスポンスのどちらに基づいている必要があるかを再評価します。
  • アクションが正しく構成されていることを確認します。たとえば、カスタムアクションを使用してリクエストのヘッダーを破損する場合は、アクションのヘッダー名が正しいことを確認します。ヘッダー名がわからない場合は、iehttpheadersまたは同様のユーティリティを使用してブラウザを起動し、リクエスト内のヘッダーを確認します。この機能を使用すると、パケットがCitrix ADCアプライアンスの外に出るときに適切なアクションが実行されるかどうかを調べることができます。
  • iehttpheadersまたは Fiddler トレースは、クライアントに記録されたヘッダーオプションと名前、クライアント側のリクエストヘッダー、および応答ヘッダーを見つけるのに役立ちます。
  • 要求ヘッダーに加えられた変更を確認するには、Citrix ADCアプライアンスにnsトレースを記録するか、サーバー上でWiresharkトレースを記録します。
  • 上記のいずれの方法でも問題が解決しない場合は、接続が追跡不能になっていないことを確認します。これは、特定の状況で発生する可能性があります。接続が追跡不能になった場合、アプライアンスはリクエストのアプリケーションレベルの処理を実行しません。その場合は、Citrix テクニカルサポートにお問い合わせください。
トラブルシューティング