Citrix ADC

HTTP DoS 保護を有効にする

HTTP DoS 保護を設定するには、まずこの機能を有効にする必要があります。

CLI を使用して HTTP DoS 保護を有効にする

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、HTTP DoS 保護を有効にし、構成を確認します。

-  enable ns feature HttpDoSProtection
-  show ns feature

例:

> enable ns feature HttpDoSProtection
 Done
> show ns feature

        Feature                        Acronym              Status
        -------                        -------              ------
 1)     Web Logging                    WL                   ON
 2)     Surge Protection               SP                   OFF
 .
 .
 .
 10)    Global Server Load Balancing   GSLB                 ON
 11)    Http DoS Protection            HDOSP                ON
 12)    Content Filtering              CF                   ON
 .
 .
 23)    HTML Injection                 HTMLInjection        ON
 24)    Citrix ADC Push                 push                 OFF
 Done

GUI を使用して HTTP DoS 保護を有効にする

  1. [ システム ] > [ 設定]に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、[高度な機能の構成] をクリックします。
  3. [高度な機能の構成] ダイアログボックスで、[HTTP DoS 保護] チェックボックスをオンにします。
  4. [ OK] をクリックします。

HTTP DoS 保護を有効にする