Citrix ADC

サージ保護の無効化と再有効化

サージ保護機能はデフォルトで有効になっています。サージ保護を有効にすると、追加したサービスに対してアクティブになります。

CLI を使用したサージ保護の無効化または再有効化

コマンドプロンプトで、次のいずれかのコマンドセットを入力して、サージ保護を無効または再度有効にし、構成を確認します。

-  disable ns feature SurgeProtection
-  show ns feature
-  enable ns feature SurgeProtection
-  show ns feature

例:

disable ns feature SurgeProtection
 Done show ns feature

        Feature                        Acronym              Status
        -------                        -------              ------
 1)     Web Logging                    WL                   ON
 2)     Surge Protection               SP                   OFF
 .
 .
 .
 23)    HTML Injection                 HTMLInjection        ON
 24)    Citrix ADC Push                 push                 OFF
 Done
 enable ns feature SurgeProtection
 Done
> show ns feature

        Feature                        Acronym              Status
        -------                        -------              ------
 1)     Web Logging                    WL                   ON
 2)     Surge Protection               SP                   ON
 .
 .
 .

 23)    HTML Injection                 HTMLInjection        ON
 24)    Citrix ADC Push                 push                 OFF
 Done
>

GUIを使用したサージ保護の無効化または再有効化

  1. ナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[設定] を選択します。
  2. 詳細ウィンドウで、[高度な機能の変更] をクリックします。
  3. [高度な機能の構成] ダイアログボックスで、[サージ保護] チェックボックスの選択を解除してサージ保護機能を無効にするか、チェックボックスをオンにして機能を有効にします。
  4. [ OK] をクリックします。
  5. [ 機能の有効化/無効化 ] ダイアログボックスで、[ はい] をクリックします。ステータスバーに、機能が有効または無効になったことを示すメッセージが表示されます。

GUI を使用して、特定のサービスのサージ保護を無効または再度有効にします

  1. [ トラフィック管理 ] > [ ロードバランシング ] > [ サービス] に移動します。構成済みサービスのリストが詳細ペインに表示されます。
  2. 詳細ウィンドウで、サージ保護機能を無効にするか、再度有効にするサービスを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [サービスの構成] ダイアログボックスで、[詳細設定] タブをクリックし、下にスクロールします。
  4. [その他] フレームで、[サージ保護] チェックボックスの選択を解除してサージ保護機能を無効にするか、チェックボックスをオンにして機能を有効にします。
  5. [ OK] をクリックします。ステータスバーに、機能が有効または無効になったことを示すメッセージが表示されます。 注: サージ保護は、機能とサービス設定の両方が有効になっている場合にのみ機能します。

サージ保護の無効化と再有効化