Citrix ADC

サージ保護のしきい値を設定

Citrix ADCアプライアンスがサーバーへの接続を開く頻度を設定するには、サージ保護のしきい値およびスロットル値を設定する必要があります。

次の図は、スロットルレートをリラックス、ノーマル、またはアグレッシブに設定した結果、サージ保護曲線を示しています。サーバ容量の設定に応じて、基準しきい値を設定して、適切なサージ保護曲線を生成できます。

図1:サージ保護曲線

サージ保護曲線

構成設定は、次の方法でサージ保護の動作に影響します。

  • スロットルレートを指定しない場合、スロットルレートは標準(デフォルト値)に設定され、ベースしきい値は 200 に設定されます(前の図を参照)。
  • ベースしきい値を指定せずにスロットルレート(アグレッシブ、ノーマル、リラックス)を指定すると、そのスロットルレートのベースしきい値のデフォルト値がカーブに反映されます。たとえば、スロットルレートを緩和に設定すると、作成されるカーブのベースしきい値は 500 になります。
  • 基本しきい値だけを指定すると、次の図に示すように、指定した値に応じて、サージ保護曲線全体が上下にシフトします。
  • 基本しきい値とスロットルレートの両方を指定した場合、サージ保護曲線は設定されたスロットルレートに基づいて生成され、基本しきい値に設定された値に従って調整されます。

次の図では、スロットルレートがアグレッシブに設定されているが、基本しきい値が設定されていない場合に、低いカーブ(アグレッシブ 1)の結果を示します。上限カーブ(アグレッシブ 2)は、基本しきい値が 500 に設定されているが、スロットルレートが設定されていない場合に発生します。2 番目の上側のカーブ(アグレッシブ 2)は、基本しきい値が 500 に設定され、スロットルレートがアグレッシブに設定されている場合にも発生します。

図2:デフォルトまたは設定されたベースしきい値を使用したアグレッシブレート

デフォルトまたは設定されたベースしきい値を使用したアグレッシブレート

GUIを使用してサージ保護のしきい値を設定

  1. ナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[設定] を選択します。
  2. 詳細ウィンドウで、[グローバルシステム設定] をクリックします。
  3. スロットル・レートのデフォルトとは異なる基本しきい値を設定する場合は、[グローバル設定の構成]ダイアログ・ボックスの[基本しきい値]テキスト・ボックスに、サージ保護がトリガーされるまでに許可される同時サーバ接続の最大数を入力します。基本しきい値は、サージ保護が有効になる前に開くことができるサーバー接続の最大数です。この設定の最大値は 32,767 サーバー接続です。この値のデフォルト設定は、次のステップで選択したスロットルレートによって制御されます。

    注: ここで明示的な値を設定しない場合、デフォルト値が使用されます。

  4. [スロットル] ドロップダウンリストで、スロットルレートを選択します。スロットルは、Citrix ADCアプライアンスがサーバーへの接続を許可する速度です。スロットルは次の値に設定できます。

    • Aggressive: サーバーの接続処理能力とサージ処理能力が低く、接続を慎重に管理する必要がある場合に、このオプションを選択します。スロットルをアグレッシブに設定すると、基本しきい値はデフォルト値の 16 に設定されます。つまり、サーバへの同時接続数が 17 個以上ある場合は常にサージ保護がトリガーされます。
    • 通常: Citrix ADCアプライアンスまたはダウンストリームの背後に外部ロードバランサーがない場合、このオプションを選択します。基本しきい値は 200 に設定されています。これは、サーバーへの同時接続が 201 以上ある場合にサージ保護がトリガーされることを意味します。「標準」は、デフォルトのスロットル・オプションです。
    • Relaxed: Citrix ADCアプライアンスが多数のWebサーバー間で負荷分散を実行し、多数の同時接続を処理できる場合に、このオプションを選択します。基本しきい値は 500 に設定されています。つまり、サーバへの同時接続が 501 以上ある場合にのみサージ保護がトリガーされます。
  5. [ OK] をクリックします。ステータスバーに、グローバル設定が構成されていることを示すメッセージが表示されます。

サージ保護のしきい値を設定