Citrix ADC

サービス管理ポータル (テナントポータル) を使用した Citrix ADC ロードバランサーの構成

WAPでは、テナントがブリッジドメイン(BD)、VRF、およびネットワークを作成すると、テナントはサービス管理ポータル(テナントポータル)を介してCitrix ADCロードバランサーを構成できます。

サービス管理ポータル (テナントポータル) で Citrix ADC ロードバランサーを構成するには

  1. サービス管理ポータル (テナントポータル) にログオンします。

  2. 次のように、ブリッジドメインと VRF を作成します。

    a. ナビゲーションペインで、[ACI] を選択します。

    b.「 新規」をクリックします。

    c. [NEW] ペインで、[BRIDGE DOMAIN] を選択します。

    ローカライズされた画像

    d. [BRIDGE DOMAIN] フィールドに、ブリッジドメイン名(BD01 など)を入力します。

    e. (オプション)[**SUBNET’S GATEWAY] **フィールドに、サブネットのゲートウェイを入力します(たとえば、192.168.1.1/24)。

    f. [VRF] フィールドで、すでにサブスクリプションの一部である VRF を選択するか、[Create One] を選択して VRF を作成します。

    g. [作成] をクリックします。

  3. ネットワークを作成し、作成したブリッジドメインに関連付けます。以下を実行します:

    a. ナビゲーションペインで、[ACI] を選択します。

    b.「 新規」をクリックします。

    c. [新規] ペインで、[ネットワーク] を選択します。

    ローカライズされた画像

    d.「 ネットワーク名 」フィールドに、ネットワーク名(S01など)を入力します。

    e. [BRIDGE DOMAIN] ドロップダウンリストで、作成したブリッジドメインを選択します。 (たとえば、BD01) をクリックします。

    f. サブネットの GATEWAY フィールドに、サブネットのGateway アドレス(172.23.2.1/24 など)を入力します。

    g. (任意)[DNS SERVER IP/IPS] フィールドに、DNS サーバの詳細を入力します。

    h. [作成] をクリックします。

  4. [ACI] ペインで、[ネットワーク] を選択します。

    ローカライズされた画像

  5. 作成したネットワークをダブルクリックします。次に、ネットワークペインで、[ロードバランサーを有効にする (パブリック)] を選択します。[IP アドレス] フィールドでは、管理者が管理者ポータルで設定した VIP 範囲から VIP が自動的に割り当てられます。詳しくは、「サービス管理ポータル(管理ポータル)でのプランでのCitrix ADCロードバランサーの作成」を参照してください。

  6. 作成したネットワークをダブルクリックします。次に、ネットワークペインで、[ロードバランサーを有効にする (パブリック)] を選択します。[IP アドレス] フィールドでは、管理者が管理者ポータルで設定した VIP 範囲から VIP が自動的に割り当てられます。詳しくは、「サービス管理ポータル(管理ポータル)でのプランでのCitrix ADCロードバランサーの作成」を参照してください。

    ローカライズされた画像

  7. ネットワークペインで、[Load Balancers] タブを選択し、[追加] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  8. [ネットワークロードバランサを追加] ウィンドウで、次の操作を行います。

    a. [NAME] フィールドに、ロードバランサーの名前を入力します。

    b. オプションで、[VIRTUAL IP アドレス] フィールドで、以前に定義した VIP 範囲の VIP アドレスをロードバランサに割り当てます。

    c. 必要に応じて、[プロトコル] フィールドで [TCP] を選択します。

    d.「 PORT 」フィールドにポート番号を入力します。

  9. [作成] をクリックします。

    Citrix ADCロードバランサーが「 ロードバランサー」タブに表示され、Citrix ADC ロードバランサーがデータパスに対応している状態になります。

ローカライズされた画像

サービス管理ポータル (テナントポータル) を使用した Citrix ADC ロードバランサーの構成