Citrix ADC

暗号リダイレクト

SSL ハンドシェイク中に、SSL クライアント(通常は Web ブラウザ)は、サポートする暗号スイートを、設定済みの順序で通知します。このリストから、SSL サーバは設定された暗号の独自のリストと一致する暗号を選択します。

クライアントによってアナウンスされた暗号が SSL サーバで設定された暗号と一致しない場合、SSL ハンドシェイクは失敗し、ブラウザに表示される不可解なエラーメッセージによって障害がアナウンスされます。これらのメッセージには、エラーの正確な原因が記載されることはほとんどありません。

暗号リダイレクションを使用すると、SSL ハンドシェイクが失敗したときに正確で意味のあるエラーメッセージを配信するように SSL 仮想サーバを設定できます。SSLハンドシェイクが失敗すると、Citrix ADCアプライアンスは以前に構成されたURLにユーザーをリダイレクトします。URLが設定されていない場合は、内部で生成されたエラーページが表示されます。

CLI を使用した暗号リダイレクションの構成

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、暗号リダイレクトを構成し、構成を確認します。

-  set ssl vserver <vServerName> -cipherRedirect < ENABLED | DISABLED> -cipherURL < URL>  
-  show ssl vserver <vServerName>

例:

set ssl vserver vs-ssl -cipherRedirect ENABLED -cipherURL http://redirectURl

Done

show ssl vserver vs-ssl

Advanced SSL configuration for VServer vs-ssl:
DH: DISABLED
Ephemeral RSA: ENABLED          Refresh Count: 1000
Session Reuse: ENABLED          Timeout: 600 seconds
Cipher Redirect: ENABLED        Redirect URL: http://redirectURl
SSLv2 Redirect: DISABLED
ClearText Port: 0
Client Auth: DISABLED
SSL Redirect: DISABLED
Non FIPS Ciphers: DISABLED
SNI: DISABLED
OCSP Stapling: DISABLED
HSTS: DISABLED
HSTS IncludeSubDomains: NO
HSTS Max-Age: 0
SSLv2: DISABLED SSLv3: ENABLED  TLSv1.0: ENABLED TLSv1.2: ENABLED  TLSv1.2: ENABLED
    1)      CertKey Name: Auth-Cert-1       Server Certificate
    1)      Cipher Name: DEFAULT
            Description: Predefined Cipher Alias
Done

GUI を使用した暗号リダイレクトの構成

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  2. [SSL パラメータ] セクションで、[暗号リダイレクトを有効にする] を選択し、リ ダイレクト URL を指定します。

暗号リダイレクト