Citrix ADC

安全なフロントエンド・プロファイル

デフォルトのフロントエンドとデフォルトのバックエンド・プロファイルの他に、リリース12.1から新しいデフォルトのセキュア・フロントエンド・プロファイルを使用できます。Qualys SSL Labs の A+ レーティング(2018 年 5 月現在)に必要な設定は、このプロファイルにプリロードされています。以前は、SSL フロントエンドプロファイルまたは SSL 仮想サーバーの A+ 評価に必要な各パラメータを明示的に設定する必要がありました。これで、ns_default_ssl_profile_secure_frontend プロファイルを SSL 仮想サーバーにバインドでき、必要なパラメーターが SSL 仮想サーバーに自動的に設定されます。

注:

セキュアフロントエンドプロファイルは編集できません。

既定のプロファイルを有効にすると、既定のフロントエンドプロファイルがすべての SSL 仮想サーバーに自動的にバインドされます。A+ 評価を取得するには、ns_default_ssl_profile_secure_フロントエンドプロファイルを明示的にバインドし、SHA2/SHA256 サーバー証明書を SSL 仮想サーバーにバインドする必要があります。

セキュアなフロントエンド・プロファイル・パラメータ

デフォルト設定のパラメータは以下のとおりです。

SSLv3: DISABLED  TLSv1.0: DISABLED  TLSv1.1: DISABLED  TLSv1.2: ENABLED  TLSv1.3: DISABLED

Deny SSL Renegotiation: NONSECURE

HSTS: ENABLED

HSTS IncludeSubDomains: YES

HSTS Max-Age: 15552000

Cipher Name: SECURE    Priority :1

安全な暗号エイリアス

新しいセキュア暗号エイリアスが追加され、セキュアフロントエンドプロファイルにバインドされます。このエイリアスの一部である暗号を一覧表示するには、コマンドプロンプトで「show cipher SECURE」と入力します。

show cipher SECURE

    1) Cipher Name: TLS1.2-ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384 Priority : 1
           Description: TLSv1.2 Kx=ECC-DHE  Au=RSA  Enc=AES-GCM(256) Mac=AEAD   HexCode=0xc030
    2) Cipher Name: TLS1.2-ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256 Priority : 2
           Description: TLSv1.2 Kx=ECC-DHE  Au=RSA  Enc=AES-GCM(128) Mac=AEAD   HexCode=0xc02f
    3) Cipher Name: TLS1.2-ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384            Priority : 3
           Description: TLSv1.2 Kx=ECC-DHE  Au=ECDSA Enc=AES-GCM(256) Mac=AEAD   HexCode=0xc02c
    4) Cipher Name: TLS1.2-ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256            Priority : 4
           Description: TLSv1.2 Kx=ECC-DHE  Au=ECDSA Enc=AES-GCM(128) Mac=AEAD   HexCode=0xc02b
Done

構成

次の手順を実行します。

  1. SSL タイプの負荷分散仮想サーバーを追加します。
  2. SHA2/SHA256 証明書をバインドします。
  3. デフォルトプロファイルを有効にします。
  4. セキュリティで保護されたフロントエンドプロファイルを SSL 仮想サーバーにバインドします。

CLI を使用して SSL 仮想サーバーの A+ 評価を取得する

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb vserver <name> <serviceType> <IPAddress> <port>
bind ssl vserver <vServerName> -certkeyName <string>
set ssl parameter -defaultProfile ENABLED
set ssl vserver <vServerName> -sslProfile ns_default_ssl_profile_secure_frontend
show ssl vserver [<vServerName>]

例:

add lb vserver ssl-vsvr SSL 192.0.2.240 443

bind ssl vserver ssl-vsvr -certkeyName letrsa

set ssl parameter -defaultProfile ENABLED

Save your configuration before enabling the Default profile. You cannot undo the changes. Are you sure you want to enable the Default profile? [Y/N]y

set ssl vserver ssl-vsvr -sslProfile ns_default_ssl_profile_secure_frontend
sh ssl vserver ssl-vsvr

    Advanced SSL configuration for VServer ssl-vsvr:
    Profile Name :ns_default_ssl_profile_secure_frontend
    1) CertKey Name: letrsa     Server Certificate
Done
sh ssl profile ns_default_ssl_profile_secure_frontend

    1) Name: ns_default_ssl_profile_secure_frontend (Front-End)
    SSLv3: DISABLED  TLSv1.0: DISABLED  TLSv1.1: DISABLED  TLSv1.2: ENABLED  TLSv1.3: DISABLED
    Client Auth: DISABLED
    Use only bound CA certificates: DISABLED
    Strict CA checks:                  NO
    Session Reuse: ENABLED   Timeout: 120 seconds
    DH: DISABLED
    DH Private-Key Exponent Size Limit: DISABLED    Ephemeral RSA: ENABLED     Refresh Count: 0
    Deny SSL Renegotiation                NONSECURE
    Non FIPS Ciphers: DISABLED
    Cipher Redirect: DISABLED
    SSL Redirect: DISABLED
    Send Close-Notify: YES
    Strict Sig-Digest Check: DISABLED
    Zero RTT Early Data: DISABLED
    DHE Key Exchange With PSK: NO
    Tickets Per Authentication Context: 1
    Push Encryption Trigger: Always
    PUSH encryption trigger timeout:  1 ms
    SNI: DISABLED
    OCSP Stapling: DISABLED
    Strict Host Header check for SNI enabled SSL sessions:                    NO
    Push flag:             0x0 (Auto)
    SSL quantum size:                8 kB
    Encryption trigger timeout       100 mS
    Encryption trigger packet count: 45
    Subject/Issuer Name Insertion Format:  Unicode
    SSL Interception: DISABLED
    SSL Interception OCSP Check: ENABLED
    SSL Interception End to End Renegotiation: ENABLED
    SSL Interception Maximum Reuse Sessions per Server:   10
    Session Ticket: DISABLED
    HSTS: ENABLED
    HSTS IncludeSubDomains: YES
    HSTS Max-Age: 15552000
    ECC Curve: P_256, P_384, P_224, P_521
    1) Cipher Name: SECURE    Priority :1
    Description: Predefined Cipher Alias
    1) Vserver Name: v2
Done

GUI を使用して SSL 仮想サーバーの A+ 評価を取得する

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、SSL 仮想サーバーを選択します。
  2. [詳細設定] で、[SSL プロファイル] をクリックします。
  3. デフォルト_ssl_プロファイル_セキュリティ_フロントエンドを選択します。
  4. [ OK] をクリックします。
  5. [完了] をクリックします。

安全なフロントエンド・プロファイル