Citrix ADC

トラブルシューティング

構成後にSSL機能が期待どおりに動作しない場合は、一般的なツールを使用してCitrix ADCリソースにアクセスし、問題を診断できます。

トラブルシューティングのリソース

最良の結果を得るには、次のリソースを使用して、Citrix ADCアプライアンスでのSSL問題のトラブルシューティングを行います。

  • 関連する ns.log ファイル
  • 最新の ns.conf ファイル
  • メッセージファイル
  • 関連newnslog ファイル
  • トレースファイル
  • 可能であれば、証明書ファイルのコピー
  • 可能であれば、キーファイルのコピー
  • エラーメッセージ(存在する場合)

これらのリソースに加えて、Citrix ADCトレースファイル用にカスタマイズしたWiresharkアプリケーションを使用して、トラブルシューティングを迅速に行うことができます。

SSL の問題のトラブルシューティング

SSL の問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

  • Citrix ADCアプライアンスにSSLオフロードと負荷分散のライセンスが付与されていることを確認します。
  • アプライアンスで SSL オフロードおよび負荷分散機能が有効になっていることを確認します。
  • SSL 仮想サーバーのステータスが DOWN として表示されないことを確認します。
  • 仮想サーバにバインドされているサービスのステータスが [DOWN] と表示されないことを確認します。
  • 有効な証明書が仮想サーバーにバインドされていることを確認します。
  • サービスが適切なポート(ポート 443 が望ましい)を使用していることを確認します。

パケットトレースからの TLS1.3 トラフィックの復号化

TLS1.3 で実行されるプロトコルのトラブルシューティングを行うには、まず TLS1.3 トラフィックを復号化する必要があります。Wireshark で TLS 1.3 を復号化するには、秘密をNSS キーログ形式でエクスポートする必要があります。キーログ形式の詳細については、「NSS キーログ形式」を参照してください。

パケットトレースをキャプチャする方法については、トレース中の SSL セッションキーのキャプチャを参照してください。

:Citrix ADCは、各接続の秘密を、使用中のTLS/SSLプロトコルのバージョンに適した形式で自動的に記録します。

HA セットアップでセカンダリノードで CRL の更新が行われない

CRL サーバはプライベートネットワークを介してプライマリノードにのみアクセスできるため、更新は行われません。

回避策: CRL サーバの IP アドレスを使用して、プライマリノードでサービスを追加します。このサービスは、CRL サーバーのプロキシとして機能します。ノード間で構成が同期されると、CRL の更新は、プライマリノードで構成されたサービスを通じて、プライマリノードとセカンダリノードの両方に対して機能します。