Citrix ADC

Gemalto SafeNetネットワークハードウェアセキュリティモジュールのサポート

FIPS 以外の Citrix ADC アプライアンスは、サーバーの秘密鍵をハードディスクに保存します。FIPS アプライアンスでは、キーはハードウェアセキュリティモジュール (HSM) と呼ばれる暗号化モジュールに格納されます。キーを HSM に保管すると、物理攻撃やソフトウェア攻撃から保護されます。さらに、キーは特殊な FIPS 承認暗号で暗号化されます。

FIPSカードをサポートしているのは、Citrix ADCアプライアンスとMPX/SDX14000アプライアンスのみです。FIPSのサポートは、他のMPX/SDXアプライアンスまたはCitrix ADC VPXアプライアンスでは使用できません。この制限は、すべてのCitrix ADC MPX、SDX、およびVPXアプライアンスでSafeNetネットワークHSMをサポートすることで解決されます。ただし、MPX 9700/10500/12500/15500 FIPSアプライアンスとMPX/SDX 14000 FIPSアプライアンスを除きます。

SafeNet ネットワーク HSM は、重要な暗号化キーを保護し、さまざまなセキュリティアプリケーションで機密性の高い暗号化操作を高速化するように設計されています。

サポートされているバージョンのマトリックス

Citrix ADCのバージョン ソフトウェアアプライアンスのバージョン ファームウェアのバージョン クライアントのバージョン
11.1, 12.0, 12.1, 13.0 5.2.3-1 6.2.1 6.0.0
11.1, 12.0, 12.1, 13.0 6.2.2-5 6.10.9 6.2.2
13.0 7.2.0-220 7.0.3 7.2.2 (7.2.0-220)

Gemalto SafeNetネットワークハードウェアセキュリティモジュールのサポート