Citrix ADC

制限事項

  1. HSM の追加や削除、高可用性セットアップの作成など、既存のセットアップで HSM 関連の設定を変更する場合は、「/etc/Chrystoki.conf」を「/var/safenet/config」にコピーする必要があります。

  2. HSM を追加、削除、または再起動した後、’/var/safenet/gateway/safenet_gw’バイナリを再起動する必要があります。Gateway バイナリを再起動しない場合、HSM は追加後または再起動後にトラフィックを処理しません。

  3. 現在の ‘/var/safenet/gateway/safenet_gw’バイナリを再起動または停止するには、次を使用します

    kill –SIGTERM <PID>
    kill –SIGINT <PID>
    

    重要kill –9 <PID> またはkill -6 <PID> を使用しないでください。

  4. 既存の HSM を ADC から削除する前に、その HSM に関連付けられているすべてのキーと証明書とキーのペアを ADC から削除します。これらのファイルは、HSM を削除した後で ADC から削除できません。

  5. スタンドアロンの Citrix ADC アプライアンスでは、高可用性の SafeNet HSM が Luna バージョン 6.2 以降でサポートされます。

  6. EXPORT暗号はサポートされていません。

  7. 証明書とキーのペアの更新操作はサポートされていません。

  8. サードパーティのツールで HSM キーを生成する場合、秘密キーと公開キーの名前は同じである必要があります。アプライアンスに HSM キーを追加するときは、この名前をキー名として指定します。

  9. この# 文字はキー名ではサポートされていません。

  10. クラスタパーティションと管理パーティションはサポートされていません。

制限事項