Citrix ADC

nShield コネクト HSM のサポート

FIPS 以外の Citrix ADC アプライアンスは、サーバーの秘密鍵をハードディスクに保存します。FIPS アプライアンスでは、キーはハードウェアセキュリティモジュール (HSM) と呼ばれる暗号化モジュールに格納されます。キーを HSM に保管すると、物理攻撃やソフトウェア攻撃から保護されます。さらに、キーは特別な FIPS 承認暗号を使用して暗号化されます。

FIPSカードをサポートしているのは、Citrix ADC MPX 9700/10500/12500/15500アプライアンスのみです。FIPSのサポートは、他のMPXアプライアンス、またはSDXアプライアンスおよびVPXアプライアンスでは使用できません。この制限は、MPX 9700/10500/12500/15500 FIPSアプライアンスを除くすべてのCitrix ADC MPX、SDX、およびVPXアプライアンスでnShield Connect外部HSMをサポートすることで解決されます。

nShield® Connect は、外部 FIPS 認定のネットワーク接続型HSM です。nShield HSM では、キーはアプリケーションキートークンとしてリモートファイルサーバー (RFS) に安全に保存され、nShield HSM 内部でのみ再構成できます。

すでにnShield HSMを使用している場合は、Citrix ADCを使用して、すべてのエンタープライズおよびクラウドサービスの配信を最適化、保護、および制御できるようになりました。

注:

  • nShield HSM は FIPS 140-2 レベル 3 仕様に準拠し、MPX FIPS アプライアンスはレベル 2 仕様に準拠しています。
  • nShield HSM の使用中は、トレースを復号化できません。HSM から Citrix ADC アプライアンスへの応答を読み取ることができるのは、Hardserverだけです。これは、暗号化されているためです。

サポートされているバージョンのマトリックス

Citrix ADCのバージョン nShield クライアントのバージョン Hardserverのバージョン nShield ファームウェアのバージョン
10.5e, 11.0, 11.1, 12.0, 12.1 11.70, 11.72 2.71.2 2.50.16, 2.51.10

nShield コネクト HSM のサポート