Citrix ADC

制限事項

  • SSLバージョン3(SSLv3)はMPXアプライアンスではサポートされませんが、VPX仮想アプライアンスではサポートされています。SDXアプライアンスでプロビジョニングされたVPXインスタンスは、SSLチップがインスタンスに割り当てられていない場合にのみSSLv3をサポートします。
  • Export暗号はサポートされていません。
  • HSM キーを使用した SSL サーバキー交換はサポートされていません。
  • 最後に設定を保存した後にキーを追加または削除した場合は、ウォームリスタートを実行する前に設定を保存する必要があります。設定を保存しないと、ADC と HSM の間にキーの不一致が生じます。
  • HSM キーを DTLS 仮想サーバにバインドすることはできません。
  • HSM キーを使用して作成された証明書とキーのペアを SSL サービスにバインドすることはできません。
  • GUI を使用して、ADC を HSM のクライアントとして登録したり、設定ユーティリティから HSM のステータスを確認したりすることはできません。
  • リリース 11 ビルド 62.x から、SSL 再ネゴシエーションがサポートされています。
  • HSM キーを使用して作成された証明書とキーのペアを使用して OCSP 要求に署名することはできません。
  • HSM キーを使用した証明書バンドルはサポートされていません。
  • HSM キーと証明書が一致しない場合、エラーは表示されません。したがって、証明書とキーのペアを追加するときは、HSM キーと証明書が一致していることを確認する必要があります。
  • クラスタリングおよび管理パーティションはサポートされていません。

制限事項