Citrix ADC

システムユーザの認証と認可

Citrix ADCユーザー認証と承認を構成するには、まずCitrix ADCアプライアンスにアクセスできるユーザーを定義してから、これらのユーザーをグループに編成する必要があります。ユーザおよびグループを設定したら、コマンドポリシーを設定してアクセスタイプを定義し、そのポリシーをユーザまたはグループに割り当てる必要があります。

ユーザ、グループ、およびコマンドポリシーを構成するには、管理者としてログオンする必要があります。デフォルトのCitrix ADC管理者ユーザー名は nsrootです。デフォルトの管理者としてログオンしたら、nsrootアカウントのパスワードを変更する必要があります。パスワードを変更すると、そのユーザーのアカウントを作成するまで、ユーザーはCitrix ADCアプライアンスにアクセスできなくなります。デフォルトから変更した後に管理者パスワードを忘れた場合は、nsrootにリセットできます。

注:

  • 外部認証サーバーが構成されていても、ローカルユーザーはCitrix ADCに対して認証できます。これを制限するには、set システムパラメータコマンドの localAuth パラメータを無効にします。

  • セキュリティを強化するには、nsrootパスワードを変更することをお勧めします。パスワードを頻繁に変更することをお勧めします。nsroot パスワードを変更する方法については、デフォルトの管理者(nsroot)パスワードのリセット トピックを参照してください。

システムユーザの認証と認可