Citrix ADC

HTTP および HTTPS 管理ポートの構成

Citrix ADCアプライアンスのシングルIPモード展開では、1つのIPアドレスがNSIP、SNIP、VIPアドレスとして使用されます。この単一IPアドレスは、異なるポート番号を使用して、NSIP、SNIP、VIPアドレスとして機能します。

ポート番号 80 および 443 は、HTTP サービスおよび HTTPS サービス用の既知のポートです。以前は、Citrix ADC IPアドレス(NSIP)のポート80および443は、内部HTTPおよびHTTPS管理サービス用の専用ポートでした。これらのポートは内部サービス用に予約されているため、これらの既知のポートを使用して、VIP アドレスから HTTP および HTTPS データサービスを提供することはできません。VIP アドレスは、シングル IP モードの展開で NSIP アドレスと同じアドレスを持つ VIP アドレスから HTTP および HTTPS データサービスを提供することはできません。

この要件に対応するために、ポート 80 および 443 以外の(NSIP アドレスの)内部 HTTP および HTTPS 管理サービス用のポートを構成できるようになりました。

以下に、Citrix ADC MPX、VPX、CPXアプライアンスの内部HTTPおよびHTTPS管理サービスのデフォルトポート番号を示します。

  • Citrix ADC MPXおよびVPXアプライアンス:80(HTTP)および443(HTTPS)アプライアンス
  • Citrix ADC CPXアプライアンス:9080(HTTP)および9443(HTTPS)アプライアンス

HTTP および HTTPS 管理ポートの構成

HTTP および HTTPS 管理サービスをサポートするために、Citrix ADC アプライアンスで HTTP および HTTPS ポートを任意の値に設定できます。ただし、デフォルトでは、Citrix ADCアプライアンスはHTTPおよびHTTPS接続に80ポートと443ポートを使用します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set ns param –mgmtHttpPort<port>

例:

set ns param -mgmtHttpPort 2000

コマンドインターフェイスを使用して HTTPS ポートを設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set ns param –mgmtHttpsPort<port>

例:

set ns param -mgmtHttpsPort 3000

Citrix ADC GUIを使用してHTTPおよびHTTPS管理ポートを構成する

HTTPおよびHTTPSポート値を設定するには、以下の手順に従ってください。

  1. [システム] > [設定] > [グローバルシステム設定の変更] に移動します。
  2. [グローバルシステム設定パラメータの構成] ページの [その他の設定] セクションで、次のパラメータを設定します。

    1. 管理 HTTP ポート。ポート値を 2000 に設定します。既定値は 80、最小値は 1、最大値は 65534 です。
    2. 管理HTTPSポート。ポート値を3000に設定します。既定値は 443、最小値は 1、最大値は 65534 です。

HTTP および HTTPS 管理ポートの構成

HTTP および HTTPS 管理ポートの構成