Citrix ADC

再起動またはシャットダウン

Citrix ADCアプライアンスは、使用可能なユーザーインターフェイスからリモートで再起動またはシャットダウンできます。スタンドアロンのCitrix ADC アプライアンスが再起動またはシャットダウンされると、保存されていない構成(最後に save ns configコマンドが発行されてから実行された構成)は失われます。

高可用性設定では、プライマリアプライアンスが再起動またはシャットダウンされると、セカンダリアプライアンスが引き継ぎ、プライマリになります。古いプライマリの未保存の設定は、新しいプライマリアプライアンスで使用できます。

また、Citrix ADC ソフトウェアを再起動するだけで、基盤となるオペレーティングシステムは再起動しないことで、アプライアンスを再起動することもできます。これはウォームリブートと呼ばれます。たとえば、新しいライセンスを追加したり、IPアドレスを変更したりすると、Citrix ADCアプライアンスをウォームリブートしてこれらの変更を行うことができます。

ウォームリブートは nCore アプライアンスでのみ実行できます。

コマンドラインインターフェイスを使用して再起動するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

reboot [-warm]

GUIを使用してCitrix ADCを再起動するには

  1. GUI で、[構成] タブのホームページで [再起動] をクリックします。
  2. 再起動を求めるメッセージが表示されたら、[Save configuration] を選択して、設定が失われないようにします。

注: ウォーム再起動を実行するには、[ウォーム再起動] を選択します。

コマンドラインインターフェイスを使用してCitrix ADCをシャットダウンするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • shutdown —p now:ソフトウェアをシャットダウンし、Citrix ADCをオフにします。Citrix ADC MPXを再起動するには、AC電源スイッチを押します。Citrix ADC VPXを再起動するには、VPXインスタンスを再起動します。
  • shutdown —h now:ソフトウェアをシャットダウンし、Citrix ADCの電源を入れたままにします。任意のキーを押して、Citrix ADCを再起動します。このコマンドを実行しても、Citrix ADC はオフになりません。そのため、AC 電源をオフにしたり、AC 電源ケーブルを取り外したりしないでください。

GUI からアプライアンスをシャットダウンできません。

再起動またはシャットダウン