Citrix ADC

フェールオーバーインターフェイスセットの設定

フェールオーバーインターフェイスセット (FIS) は、インターフェイスの論理グループです。HA 構成では、FIS を使用することは、インターフェイスをグループ化してフェールオーバーを防止する方法です。これにより、1 つのインターフェイスに障害が発生しても、他の機能しているインターフェイスを使用できるようになります。FISは、Citrix ADCクラスタのノードに対して構成することもできます。

FIS にバインドされていない HA MON インターフェイスは、いずれかに障害が発生するとフェールオーバーがトリガーされるため、クリティカルインターフェイス(CI)と呼ばれます。

FIS では、アクティブ構成とスタンバイ構成は作成されません。また、同じ VLAN にリンクに接続するときのブリッジングループも防止されません。

FIS では、アクティブおよびスタンバイのインターフェイスまたはチャネルは作成されません。また、同じ VLAN へのリンクへの接続時にブリッジングループを防止することもありません。

FIS を作成または修正する

コマンドラインインターフェイスを使用して FIS を追加し、インターフェイスをバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add fis <name>
  • bind fis \<name\> \<ifnum\> ...
  • show fis \<name\>

> add fis fis1
 Done
> bind fis fis1 1/3 1/5
 Done

非バインドインターフェイスが有効で HA MON がオンの場合、非バインドインターフェイスはクリティカルインターフェイス(CI)になります。

コマンドラインインターフェイスを使用して FIS からインターフェイスをバインド解除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • unbind fis \<name\> \<ifnum\> ...
  • show fis \<name\>

> unbind fis fis1 1/3
 Done

GUI を使用して FIS を構成するには

[システム] > [高可用性] に移動し、[フェールオーバーインターフェイスセット] タブで新しい FIS を追加するか、既存の FIS を編集します。

FIS の削除

FIS が削除されると、そのインターフェイスはクリティカルインターフェイスとしてマークされます。

コマンドラインインターフェイスを使用して FIS を削除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

rm fis <name>

> rm fis fis1
  Done

GUI を使用して FIS を削除するには

[システム] > [高可用性] に移動し、[フェールオーバーインターフェイスセット] タブで FIS を削除します。

フェールオーバーインターフェイスセットの設定