Citrix ADC

仮想 MAC アドレスの設定

仮想 MAC アドレスは、HA セットアップのプライマリノードとセカンダリノードによって共有されるフローティングエンティティです。

HA セットアップでは、プライマリノードは MIP、SNIP、VIP などのフローティング IP アドレスをすべて所有します。プライマリノードは、これらの IP アドレスに対するアドレス解決プロトコル (ARP) 要求に対して、独自の MAC アドレスで応答します。その結果、外部デバイス(アップストリームルーターなど)の ARP テーブルは、Floating IP アドレスとプライマリノードの MAC アドレスで更新されます。

フェイルオーバーが発生すると、セカンダリノードが新しいプライマリノードとして引き継がれます。次に、Gratuitous ARP(GARP)を使用して、プライマリから取得したフローティング IP アドレスをアドバタイズします。ただし、新しいプライマリがアドバタイズする MAC アドレスは、自身のインターフェイスの MAC アドレスです。

一部のデバイス(特に少数のルーター)は、Citrix ADCアプライアンスによって生成されたGARPメッセージを受け付けません。その結果、一部の外部デバイスは、古いプライマリノードによってアドバタイズされた古い IP と MAC のマッピングを保持します。これにより、サイトがダウンする可能性があります。

この問題は、HA ペアの両方のノードに仮想 MAC を設定することで解決できます。両方のノードは、同じ MAC アドレスを持ちます。したがって、フェールオーバーが発生しても、セカンダリノードの MAC アドレスは変更されず、外部デバイスの ARP テーブルを更新する必要はありません。

仮想 MAC を作成するには、まず仮想ルータ ID(VRID)を作成し、インターフェイスにバインドする必要があります。(HA セットアップでは、VRID を両方のノードのインターフェイスにバインドする必要があります)。 VRID がインターフェイスにバインドされると、システムは VRID を最後のオクテットとする仮想 MAC を生成します。

ここでは、次の詳細について説明します。

IPv4 仮想 MAC の設定

IPv4 仮想 MAC アドレスを作成してインターフェイスにバインドすると、インターフェイスから送信されるすべての IPv4 パケットは、インターフェイスにバインドされた仮想 MAC アドレスを使用します。インターフェイスにバインドされた IPv4 仮想 MAC がない場合は、インターフェイスの物理 MAC アドレスが使用されます。

汎用仮想 MAC は00:00:5e:00:01:<VRID>の形式です。たとえば、値 60 の VRID を作成してインターフェイスにバインドすると、その仮想 MAC は 00:00:5 e: 00:01:3 c になります。3c は VRID の 16 進表現です。1 ~ 255 の値で 255 個の VRID を作成できます。

IPv4 仮想 MAC の作成または変更

IPv4 仮想 MAC を作成するには、仮想ルータ ID を割り当てます。その後、仮想 MAC をインターフェイスにバインドできます。複数の VRID を同じインターフェイスにバインドすることはできません。仮想 MAC 設定を確認するには、仮想 MAC および仮想 MAC にバインドされたインターフェイスを表示して調べる必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想 MAC を追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add vrID
  • bind vrid <id> -ifnum <interface_name>
  • show vrID

> add vrID 100
 Done
> bind vrid 100 -ifnum 1/1 1/2 1/3
 Done

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想 MAC からインターフェイスをバインド解除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • unbind vrid <id> -ifnum <interface_name>
  • show vrID

GUI を使用して仮想 MAC を設定するには

[システム] > [ネットワーク] > [VMAC] に移動し、[VMAC] タブで新しい仮想 MAC を追加するか、既存の仮想 MAC を編集します。

IPv4 仮想 MAC の削除

IPv4 仮想 MAC を削除するには、その仮想ルータ ID を削除します。

コマンドラインインターフェイスを使用して IPv4 仮想 MAC を削除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

rm vrid <id>

rm vrid 100s

GUI を使用して IPv4 仮想 MAC を削除するには

[システム] > [ネットワーク] > [VMAC] に移動し、[VMAC] タブで IPv4 仮想 MAC を削除します。

IPv6 仮想 MAC の設定

Citrix ADCは、IPv6パケット用の仮想MAC6をサポートしています。IPv4 仮想 MAC がインターフェイスにバインドされている場合でも、任意のインターフェイスを仮想 MAC6 にバインドできます。インターフェイスから送信される IPv6 パケットは、そのインターフェイスにバインドされた仮想 MAC6 を使用します。インターフェイスにバインドされた仮想 MAC6 がない場合、IPv6 パケットは物理 MAC を使用します。

仮想 MAC6 の作成または変更

IPv6 仮想 MAC を作成するには、IPv6 仮想ルータ ID を割り当てます。その後、仮想 MAC をインターフェイスにバインドできます。複数の IPv6 VRID を 1 つのインターフェイスにバインドすることはできません。仮想 MAC6 の設定を確認するには、仮想 MAC6 および仮想 MAC6 にバインドされたインターフェイスを表示して調べる必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想 MAC6 を追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add vrID6 <id>
  • bind vrID6 <id> -ifnum <interface_name>
  • show vrID6

> add vrID6 100
Done
> bind vrID6 100 -ifnum 1/1 1/2 1/3
 Done

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想 MAC6 からインターフェイスをバインド解除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • unbind vrID6 <id> -ifnum <interface_name>
  • show vrID6

GUI を使用して仮想 MAC6 を設定するには

[システム] > [ネットワーク] > [VMAC] に移動し、[VMAC6] タブで新しい仮想 MAC6 を追加するか、既存の仮想 MAC6 を編集します。

仮想 MAC6 の削除

IPv4 仮想 MAC を削除するには、その仮想ルータ ID を削除します。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想 MAC6 を削除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

rm vrid6 <id>

rm vrid6 100s

GUI を使用して仮想 MAC6 を削除するには

[システム] > [ネットワーク] > [VMAC] に移動し、[VMAC6] タブで仮想ルータ ID を削除します。

仮想 MAC アドレスの設定