Citrix ADC

セカンダリノードを強制的にセカンダリ状態にする

HAセットアップでは、プライマリノードの状態に関係なく、セカンダリノードをセカンダリのまま強制的に維持できます。

たとえば、プライマリノードをアップグレードする必要があり、プロセスに数秒かかるとします。アップグレード中に、プライマリノードが数秒間ダウンする場合がありますが、セカンダリノードが引き継ぐ必要はありません。プライマリノードで障害が検出された場合でも、セカンダリノードのままにしておきます。

セカンダリノードを強制的にセカンダリのまま維持すると、プライマリノードがダウンしても、セカンダリのまま維持されます。HAペアの一方のノードのステータスをセカンダリのまま強制的に維持すると、そのノードは、HA状態マシン遷移には参加しません。ノードのステータスは、STAYSECONDARYとして表示されます。

ノードをセカンダリのまま強制的に維持する方法は、スタンドアロンノードとセカンダリノードのどちらでも機能します。スタンドアロンノードでは、ノードを追加してHAペアを作成する前に、このオプションを使用する必要があります。新しいノードを追加しても、既存のノードがプライマリノードとして機能し続け、新しいノードがセカンダリノードになります。

システムをセカンダリのまま強制的に維持する場合、その強制を実施するプロセスは、伝播も同期もされません。コマンドを実行するノードのみが対象となります。

コマンドラインインターフェイスを使用してセカンダリノードを強制的にセカンダリにするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set ha node -hastatus STAYSECONDARY

GUI を使用してセカンダリノードを強制的にセカンダリにするには

[システム] > [高可用性] に移動し、[ノード] タブで、ローカルノードを開き、[STAY SECONDARY] を選択します。

セカンダリノードを強制的にセカンダリ状態にする