Citrix ADC

高可用性セットアップでの構成ファイルの同期

高可用性セットアップでは、1分間隔でプライマリノードのすべての構成ファイルがセカンダリノードに自動で同期されます。設定ファイルの同期は、コマンド・ライン・インタフェースまたはプライマリ・ノードまたはセカンダリ・ノードのGUIを使用して手動で実行できます。

セカンダリに固有のファイル(プライマリに存在しない)は、同期中に削除されません。

コマンドラインインターフェイスを使用して高可用性セットアップのファイルを同期するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

sync HA files <mode>

> sync HA files all
 Done
> sync HA files ssl
 Done

パラメータの説明(CLI プロシージャにリストされているコマンド)

sync ha files <mode>

mode

次のいずれかの同期モードを指定します。

  • all -システム構成、Access Gateway ブックマーク、SSL 証明書、SSL CRL リスト、HTML インジェクションスクリプト、およびアプリケーションファイアウォール XML オブジェクトに関連するファイルを同期します。
  • bookmarks -Access Gateway のすべてのブックマークを同期します。
  • ssl -SSL 機能のすべての証明書、キー、および CRL を同期します。
  • htmlinjection -HTMLインジェクション機能に設定されているすべてのスクリプトを同期します。
  • imports -アプリケーションファイアウォール用に構成されたすべての XML オブジェクト (WSDLs、スキーマ、エラーページなど) を同期します。
  • misc -すべてのライセンスファイルと rc.conf ファイルを同期します。
  • all_plus_misc -システム構成、Access Gateway ブックマーク、SSL 証明書、SSL CRL リスト、HTML インジェクションスクリプト、アプリケーションファイアウォールの XML オブジェクト、ライセンス、および rc.conf ファイルに関連するファイルを同期します。

GUI を使用して高可用性セットアップのファイルを同期するには

[システム] > [診断] に移動し、[ユーティリティ] グループで [HA ファイルの同期の開始] をクリックします。

高可用性セットアップでの構成ファイルの同期