Citrix ADC

レポート作成ツール

Citrix® Citrix ADC® レポートツールを使用して、Citrix ADCのパフォーマンス統計データをレポートとして表示します。統計データは nscollect ユーティリティによって収集され、データベースに格納されます。一定期間にわたって特定のパフォーマンス・データを表示する場合、レポート・ツールは指定したデータをデータベースから取り出し、グラフに表示します。

レポートは、グラフのコレクションです。レポートツールには、組み込みのレポートと、カスタムレポートを作成するオプションが用意されています。レポートでは、グラフを変更したり、新しいグラフを追加できます。また、データ・コレクション・ユーティリティ nscollect のオペレーションを変更し、オペレーションを停止または開始することもできます。

レポート作成ツールの使用

レポート作成ツールは、Citrix® Citrix ADC® アプライアンスからアクセスするWebベースのインターフェイスです。レポート作成ツールを使用して、パフォーマンス統計データをグラフを含むレポートとして表示します。組み込みレポートを使用するだけでなく、カスタムレポートを作成することもできます。カスタムレポートはいつでも変更できます。レポートには、1 ~ 4 つのグラフがあります。最大 256 個のカスタムレポートを作成できます。任意の数のエンティティに対してカスタムレポートを作成できます。

レポート作成ツールを起動するには

  1. 任意の Web ブラウザを使用して、Citrix ADC の IP アドレス(http://10.102.29.170/など)に接続します。[Web ログオン] 画面が表示されます。
  2. [ユーザー名]テキストボックスに、Citrix ADCに割り当てられているユーザー名を入力します。
  3. 「パスワード」テキスト・ボックスにパスワードを入力します。
  4. [開始場所] ドロップダウンボックスで、[レポート] を選択します。[ログイン] をクリックします。

次のスクリーンショットは、このマニュアルでよく参照されるレポートツールバーとグラフツールバーを示しています。

図1:レポートツールバー

ローカライズされた画像

図2:[グラフ] ツールバー

ローカライズされた画像

レポートの操作

Citrix ADC上で構成されたさまざまな機能グループの統計を、指定した時間間隔でプロットおよび監視できます。レポートを使用すると、アプライアンスの動作をトラブルシューティングまたは分析できます。レポートには、組み込みレポートとカスタムレポートの 2 種類があります。組み込みレポートまたはカスタムレポートのレポートコンテンツは、グラフ形式または表形式で表示できます。グラフィカル・ビューは、最大32セットのデータ(カウンタ)を表示できる折れ線グラフ、面グラフ、棒グラフで構成されています。表形式ビューでは、列と行でデータが表示されます。このビューは、エラーカウンタのデバッグに役立ちます。

レポートツールに表示される既定のレポートは、CPU とメモリ使用量と HTTP 要求レート。既定のレポートビューを変更するには、既定のビューにするレポートを表示し、[既定のレポート] をクリックします。

レポートは、過去 1 時間、最終日、先週、先月、昨年に対して生成することも、期間をカスタマイズすることもできます。

レポートでは、次の操作を実行できます。

  • データの表形式ビューとデータのグラフィカルビューを切り替えます。
  • 棒グラフや折れ線グラフなどのグラフィカルな表示タイプを変更します。
  • レポートのグラフをカスタマイズします。
  • グラフを Excel コンマ区切り値 (CSV) ファイルとしてエクスポートします。
  • ズーム・イン、ズーム・アウト、ドラッグ・アンド・ドロップ操作(スクロール)を使用して、チャートを詳細に表示します。
  • ログオン時に表示する既定のレポートとしてレポートを設定します。
  • カウンタを追加または削除します。
  • レポートを印刷します。
  • レポートを更新して、最新のパフォーマンス・データを表示します。

組み込みレポートの使用

レポートツールには、頻繁に表示されるデータの組み込みレポートが用意されています。組み込みレポートは、システム、ネットワーク、SSL、圧縮、統合キャッシュ、Citrix ADCゲートウェイ、およびCitrix ADC Application Firewallの機能グループで使用できます。既定では、組み込みレポートは最終日に表示されます。ただし、過去 1 時間、先週、先月、または昨年のレポートを表示できます。

組み込みレポートへの変更を保存することはできませんが、変更した組み込みレポートをユーザー設定レポートとして保存することはできます。

組み込みレポートを表示するには

  1. レポートツールの左側のウィンドウの [組み込みレポート] で、グループ (SSL など) を展開します。
  2. レポートをクリックします(たとえば、[SSL] > [すべてのバックエンド暗号化])。

レポートの作成と削除

独自のカスタムレポートを作成し、ユーザ定義の名前で保存して再利用することができます。要件に基づいて、グループごとに異なるカウンタをプロットできます。最大 256 個のカスタムレポートを作成できます。

新しいレポートを作成することも、組み込みレポートをカスタムレポートとして保存することもできます。既定では、新しく作成されたカスタムレポートには [System Overview] という名前のグラフが 1 つ含まれています。このグラフには、最終日にプロットされた CPU 使用率カウンタが表示されます。レポート・ツールバーから間隔をカスタマイズし、データ・ソースとタイム・ゾーンを設定できます。

既定では、新しく作成されたカスタムレポートには、[System Overview] という名前のグラフが 1 つ含まれています。このグラフには、最終日の CPU 使用量カウンタがプロットされます。

カスタムレポートを作成するには

  1. レポートツールのレポート ツールバーの [作成] をクリックします。既存のレポートに基づいて新しいカスタムレポートを作成する場合は、既存のレポートを開き、[名前を付けて保存] をクリックします。
  2. [レポート名] ボックスに、カスタムレポートの名前を入力します。
  3. 次のいずれかを行います:
    • レポートを既存のフォルダに追加するには、[作成先] または [保存先] で下向き矢印をクリックして既存のフォルダを選択し、[OK] をクリックします。
    • レポートを保存する新しいフォルダを作成するには、[フォルダを追加するにはクリックしてください] アイコンをクリックし、[フォルダ名] にフォルダの名前を入力します。次に、[作成場所] で、階層内の新しいフォルダを配置する場所を指定し、[OK] をクリックします。

: 最大 128 個のフォルダを作成できます。

カスタムレポートを削除するには

  1. レポートツールの左側のウィンドウで、[カスタムレポート] の横にある [カスタムレポートを管理するにはここをクリック] アイコンをクリックします。
  2. 削除するレポートに対応するチェックボックスをオンにし、[削除] をクリックします。

    :

    フォルダを削除すると、そのフォルダのすべてのコンテンツが削除されます。

時間間隔の変更

既定では、組み込みレポートには最終日のデータが表示されます。ただし、組み込みレポートの時間間隔を変更する場合は、レポートをカスタムレポートとして保存できます。新しい間隔は、レポート内のすべてのグラフに適用されます。次の表では、時間間隔のオプションについて説明します。

時間間隔を変更するには

  1. レポートツールの左側のウィンドウで、レポートをクリックします。
  2. レポートツールバーの [期間] をクリックし、時間間隔をクリックします。

データソースとタイムゾーンの設定

さまざまなデータソースからデータを取得して、レポートに表示することができます。また、レポートのタイムゾーンを定義し、現在表示されているレポートの時間選択を、組み込みレポートを含むすべてのレポートに適用することもできます。

データソースとタイムゾーンを設定するには

  1. レポートツールのレポートツールバーの [設定] をクリックします。
  2. [設定] ダイアログボックスの [データソース] で、カウンタ情報を取得するデータソースを選択します。
  3. 次のいずれかまたは両方の操作を行います。
    • グラフがプロットされる期間をツールに記憶させる場合は、[グラフの 時間選択を保存 する] チェックボックスをオンにします。
    • レポートでCitrix ADCアプライアンスの時間設定を使用する場合は、[アプライアンスのタイムゾーンを使用する]チェックボックスをオンにします。

カスタムレポートのエクスポートとインポート

レポートをエクスポートすることで、他のCitrix ADC管理者とレポートを共有できます。レポートをインポートすることもできます。

カスタムレポートをエクスポートまたはインポートするには

  1. レポートツールの左側のウィンドウで、[カスタムレポート] の横にある [カスタムレポートを管理するにはここをクリック] アイコンをクリックします。
  2. エクスポートまたはインポートするレポートに対応するチェックボックスをオンにし、[エクスポート] または [インポート] をクリックします。

    注:

    ファイルをエクスポートすると、.gz ファイル形式でエクスポートされます。

グラフの操作

チャートを使用して、カウンタまたはカウンタのグループをプロットおよび監視します。1 つのレポートに最大 4 つのグラフを含めることができます。各チャートでは、最大32個のカウンタをプロットできます。グラフでは、さまざまなグラフィカルな形式 (たとえば、面と棒グラフ) を使用できます。レポート内でグラフを上下に移動したり、グラフ内の各カウンタの色や表示をカスタマイズしたり、グラフを監視したくない場合は削除したりできます。

すべてのレポートグラフで、横軸は時間を表し、縦軸はカウンタの値を表します。

チャートの追加

レポートにグラフを追加すると、最後の 1 日の CPU 使用率カウンタがプロットされた状態で、[システム概要] グラフが表示されます。

組み込みレポートにグラフを追加し、そのレポートを保持する場合は、レポートをカスタムレポートとして保存する必要があります。

レポートにグラフを追加するには、次の手順に従います。

レポートにグラフを追加するには

  1. レポートツールの左側のウィンドウで、レポートをクリックします。
  2. 新しいグラフを追加するグラフの下で、[追加] アイコンをクリックします。

チャートの変更

グラフを変更するには、統計情報を表示する機能グループを変更し、別のカウンタを選択します。

グラフを変更するには

  1. レポートツールの左側のウィンドウで、レポートをクリックします。
  2. 変更するグラフの下の [カウンタ] をクリックします。
  3. 表示されるダイアログボックスの [タイトル] ボックスに、グラフの名前を入力します。
  4. [グラフのプロット] の横で、次のいずれかの操作を行います。
    • 統合キャッシュや圧縮などのグローバルカウンタのカウンタをプロットするには、[システムグローバル統計] をクリックします。
    • 負荷分散や GSLB などのエンティティタイプのエンティティカウンタをプロットするには、[システムエンティティの統計] をクリックします。
  5. [グループの選択] で、目的のエンティティをクリックします。
  6. [カウンタ] の [使用可能] で、印刷するカウンタ名をクリックし、[>] ボタンをクリックします。
  7. 手順 4 で [システムエンティティの統計] を選択した場合は、[エンティティ] タブの [使用可能] で、印刷するエンティティインスタンス名をクリックし、[>] ボタンをクリックします。
  8. [ OK] をクリックします。

チャートの表示

グラフでプロットされるカウンタのグラフィック形式を指定できます。グラフは、折れ線グラフ、スプライングラフ、ステップ折れ線グラフ、散布図、面グラフ、棒グラフ、積み上げ面グラフ、積み上げ棒グラフとして表示できます。グラフのプロットエリア内では、ズームイン、ズームアウト、またはスクロールすることもできます。1 時間、1 日、1 週間、1 ヶ月、1 年、3 年間のすべてのデータソースを拡大または縮小できます。

グラフのビューをカスタマイズするその他のオプションには、グラフの軸のカスタマイズ、プロットエリアの背景とエッジの色変更、グリッドの色とサイズのカスタマイズ、グラフ内の各データセット (カウンタ) の表示のカスタマイズなどがあります。

データセット 1 などのデータセット番号は、グラフの下部に表示されるカウンタの順序に対応しています。たとえば、CPU 使用率とメモリ使用率がグラフの一番下に 1 番目と 2 番目の順序で表示されている場合、CPU 使用率はデータセット 1 に、メモリ使用率はデータセット 2 に等しくなります。

組み込みレポートを変更するたびに、変更を保持するために、レポートをカスタムレポートとして保存する必要があります。

グラフのグラフの種類を変更するには

  1. レポートツールの左ペインで、レポートを選択します。
  2. 右側のウィンドウで、表示するグラフの下の [グラフ] ツールバーの [ユーザー設定] をクリックします。
  3. [グラフ] タブの [分類] で、[プロットの種類] をクリックし、グラフに表示するグラフの種類をクリックします。グラフを 3D で表示する場合は、[3D を使用] チェックボックスをオンにします。

詳細データを含むグラフに再び焦点を合わせるには

  1. レポートツールの左ペインで、レポートを選択します。
  2. 右側のウィンドウで、レポートツールバーの [拡大] をクリックし、次のいずれかまたは両方の操作を行います。
    • 特定のタイムウィンドウのデータを表示するようにチャートに再び焦点を合わせるには、開始時刻から終了時刻までカーソルをドラッグアンドドロップします。たとえば、特定の日の 1 時間分のデータを表示できます。
    • データポイントのデータを表示するためにグラフを再焦点を合わせるには、単にあなたがズームインし、より詳細な情報を取得したいチャートを一度クリックします。
  3. 詳細データを表示する時間範囲が整ったら、レポートツールバーの [表形式表示] をクリックします。表形式ビューでは、行と列に数値形式でデータが表示されます。

グラフの数値データを表示するには

  1. レポートツールの左ペインで、レポートを選択します。
  2. 右側のウィンドウで、レポートツールバーの [表形式表示] をクリックします。グラフィカルビューに戻るには、[グラフィカルビュー] をクリックします。

    : グリッド線のノッチにカーソルを合わせると、数値データをグラフィカルビューで表示することもできます。

グラフで時間をスクロールするには

  1. レポートツールの左ペインで、レポートを選択します。
  2. 右側のウィンドウで、レポートツールバーの [スクロール] をクリックし、グラフ内をクリックし、新しい期間のデータを表示する方向にカーソルをドラッグします。たとえば、過去のデータを表示する場合は、クリックして左にドラッグします。

グラフの背景色とテキストの色を変更するには

  1. レポートツールの左ペインで、レポートを選択します。
  2. 右側のウィンドウで、軸をカスタマイズするグラフの下の [カスタマイズ] をクリックします。
  3. [グラフ] タブの [カテゴリ] で、次のいずれかをクリックします。
    • 背景色を変更するには、[背景色] をクリックし、色、透明度、および効果のオプションを選択します。
    • テキストの色を変更するには、[テキストの 色] をクリックし、色、透明度、および効果のオプションを選択します。

グラフの軸をカスタマイズするには

  1. レポートツールの左ペインで、レポートを選択します。
  2. 右側のウィンドウで、軸をカスタマイズするグラフの下の [カスタマイズ] をクリックします。
  3. [グラフ] タブの [カテゴリ] で、次の 1 つまたは複数をクリックします。
    • 左の Y 軸のスケールを変更するには、[左の Y 軸] をクリックし、目的のスケールを選択します。
    • 右の Y 軸のスケールを変更するには、[右の Y 軸] をクリックし、[プロットするデータセット] で日付セットを選択し、目的のスケールを選択します。

      注: データセット 1 などのデータセット番号は、グラフの下部に表示されるカウンタの順序に対応しています。たとえば、CPU 使用率とメモリ使用率がグラフの一番下に 1 番目と 2 番目の順序で表示されている場合、CPU 使用率はデータセット 1 に、メモリ使用率はデータセット 2 に等しくなります。

    • 各データセットを独自の非表示の Y 軸にプロットするには、[複数の軸] をクリックし、[有効] をクリックします。

グラフのプロットエリアの背景色、エッジの色、およびグリッド線を変更するには

  1. レポートツールの左ペインで、レポートを選択します。
  2. 右ペインで、プロットエリアをカスタマイズするグラフの下の [カスタマイズ] をクリックします。
  3. [印刷領域] タブの [カテゴリ] で、次の 1 つまたは複数をクリックします。
    • グラフの背景色とエッジの色を変更するには、[背景色] と [エッジの色] をクリックし、色、透明度、および効果のオプションを選択します。
    • グラフの水平グリッドまたは垂直グリッドを変更するには、[水平グリッド] または [垂直グリッド] をクリックし、グリッド、グリッドの幅、グリッドの色、透明度、および効果を表示するオプションを選択します。

データセットの色とグラフタイプを変更するには

  1. レポートツールの左ペインで、レポートを選択します。
  2. 右側のウィンドウで、データセット (カウンタ) の表示をカスタマイズするグラフの下の [カスタマイズ] をクリックします。
  3. [データセット] タブの [データセットの選択] で、グラフィック表示をカスタマイズするデータセット (カウンタ) を選択します。 注:データセット 1 などのデータセット番号は、グラフの下部に表示されるカウンタの順序に対応しています。たとえば、 CPU 使用率と メモリ使用率がグラフの一番下に 1 番目と 2 番目の順序で表示されている場合、 CPU 使用率は データセット 1 に、 メモリ使用率は データセット 2 に等しくなります。
  4. [カテゴリ] で、次のいずれかの操作を行います。
    • 背景色を変更するには、[色] をクリックし、色、透明度、および効果のオプションを選択します。
    • グラフタイプを変更するには、[プロットタイプ] をクリックし、データセットに表示するグラフタイプを選択します。グラフを 3D として表示する場合は、[3D を使用] チェックボックスをオンにします。

Excel へのグラフデータのエクスポート

さらにデータを分析するために、グラフをカンマ区切り値 (CSV) 形式で Excel にエクスポートできます。

グラフデータを Excel にエクスポートするには

  1. レポートツールの左ペインで、レポートを選択します。
  2. 右側のウィンドウで、Excel にエクスポートするデータを含むグラフの下の [エクスポート] をクリックします。

グラフの削除

グラフを使用しない場合は、レポートからグラフを削除できます。カスタムレポートからのみグラフを完全に削除できます。組み込みレポートからグラフを削除し、変更を保持する場合は、レポートをユーザー設定レポートとして保存する必要があります。

グラフを削除するには

  1. レポートツールの左ペインで、レポートを選択します。
  2. 右側のペインで、削除するグラフの下の [削除] アイコンをクリックします。

先週の CPU 使用率とメモリ使用率の傾向レポートを表示するには

  1. レポートツールの左側のウィンドウで、[組み込みレポート] の下の [システム] を展開します。
  2. レポートの [CPU 対] をクリックします。メモリ使用量と HTTP 要求レート。
  3. 右側のウィンドウで、レポートツールバーの [期間] をクリックし、[先週] をクリックします。

先週の 2 つのインターフェイス間の受信バイト率と送信バイト率を比較するには

  1. 右側のウィンドウで、レポートツールバーの [作成] をクリックします。
  2. [レポート名] ボックスに、カスタムレポートの名前 (Custom_Interfaces など) を入力し、[OK] をクリックします。このレポートは、デフォルトの [システム概要] グラフで作成されます。このグラフには、過去 1 時間にプロットされた CPU 使用率カウンタが表示されます。
  3. [システムの概要] の [グラフツールバー] で、[カウンタ] をクリックします。
  4. カウンタ選択ウィンドウの [タイトル] に、グラフの名前 (たとえば、Interfaces バイトデータ) を入力します。
  5. [グラフのプロット] で、[システムエンティティの統計] をクリックし、[グループの選択] で [インターフェイス] を選択します。
  6. [エンティティ] タブで、プロットするインタフェース名 (たとえば、1/1 と 1/2) をクリックし、[>] ボタンをクリックします。
  7. [カウンタ] タブで、[受信バイト数 (レート)] および [送信バイト数 (レート)] をクリックし、[>] ボタンをクリックします。
  8. [OK] をクリックします。
  9. レポートツールバーの [期間] をクリックし、[先週] をクリックします。

データ収集ユーティリティの停止と起動

Citrix ADCを起動すると、データ収集ユーティリティnscollectが自動的に実行されます。このユーティリティは、アプリケーション・パフォーマンス・データを取得し、ADC上のデータ・ソース形式で保存します。最大 32 個のデータソースを作成できます。既定のデータソースは/var/log/db/defaultです。

データ・コレクション・ユーティリティは、グローバル・カウンタとエンティティ固有のカウンタのデータベースを作成し、このデータを使用してレポートを生成します。グローバルカウンタデータベースは/var/log/db/<DataSourceName>に作成されます。エンティティ固有のデータベースは、Citrix ADCで構成されたエンティティに基づいて作成され、/var/log/db/<DataSourceName/EntityNameDB>のエンティティタイプごとに個別のフォルダが作成されます。

Nscollectは、5分に1回データを取得します。データは、1 日間、1 時間あたり、過去 30 日間、1 日間 3 年間毎日保持されます。

データが正確に更新されない場合や、レポートに破損したデータが表示される場合は、データ収集ユーティリティを停止して再起動する必要があります。

nscollectを停止するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

/netscaler/nscollect stop

Citrix ADCへの現在のSSHセッションでnscollectを開始するには、以下の手順に従ってください。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

/netscaler/nscollect start

ローカル・システムで nscollect を起動するには、次の手順で行います。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

/netscaler/nscollect start &

レポート作成ツール