Citrix ADC

SNMP

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を使用して、Citrix ADCアプライアンス上のSNMPエージェントを構成して、 トラップと呼ばれる非同期イベントを生成できます。トラップは、Citrix ADCで異常な状態が発生したときに生成されます。その後、トラップは トラップリスナーと呼ばれるリモートデバイスに送信され、Citrix ADCアプライアンスの異常状態を通知します。または、SNMP マネージャと呼ばれるリモートデバイスからシステム固有の情報を SNMPエージェントに照会することもできます。次に、エージェントは管理情報ベース(MIB)で要求されたデータを検索し、そのデータを SNMP マネージャに送信します。

SNMP パラメータ、トラップ、およびその説明については、「Citrix ADC SNMP OIDリファレンス」を参照してください。

Citrix ADC上のSNMPエージェントは、SNMPv1、SNMPv2、SNMPv3に準拠したトラップを生成できます。クエリでは、SNMP エージェントは SNMP バージョン 1(SNMPv1)、SNMP バージョン 2(SNMPv2)、および SNMP バージョン 3(SNMPv3)をサポートします。

次の図は、SNMPが有効で構成されているCitrix ADCを使用するネットワークを示しています。この図では、各SNMPネットワーク管理アプリケーションは、SNMPを使用してCitrix ADC上のSNMPエージェントと通信しています。SNMP エージェントは、管理情報ベース(MIB)を検索して、SNMP マネージャによって要求されたデータを収集し、その情報をアプリケーションに提供します。

図1:SNMPをサポートしているCitrix ADC

ローカライズされた画像

SNMP マネージャおよびトラップリスナーへの MIB ファイルのインポート

Citrix ADCアプライアンスを監視するには、MIBオブジェクト定義ファイルをダウンロードする必要があります。MIB ファイルには、次のものがあります。

‘MIB-2 グループシステム、IF、ICMP、UDP、および SNMP ‘

Citrix ADC 固有の設定と統計情報。

MIB オブジェクト定義ファイルは、/netscaler/snmp ディレクトリまたは GUI の [ダウンロード] タブから取得できます。

SNMP 管理アプリケーションが WhatsUpGold 以外の場合は、SNMP 管理アプリケーションに次のファイルをダウンロードします。

NS-MIB-smiv1.mib. SNMPv1 マネージャおよびトラップリスナーによって使用されます。

SNMP 管理アプリケーションが WhatsUpGold の場合は、SNMP 管理アプリケーションに次のファイルをダウンロードします。

  • ‘mib.txt’

  • traps.txt

SNMP