Citrix ADC

レート制限のための SNMP アラームの設定

Citrix ADC appliances such as the Citrix ADC MPX 10500, 12500, and 15500 are rate limited. 最大スループット(Mbps)およびパケット/秒(PPS)は、アプライアンス用に購入したライセンスによって決まります。レート制限されたプラットフォームでは、スループットと PPS が制限に近づいたとき、および通常の状態に戻ったときに通知を送信するように SNMP トラップを設定できます。

スループットと PPS は 7 秒ごとに監視されます。上限しきい値および標準しきい値を使用してトラップを設定できます。これらの値は、ライセンス制限に対するパーセンテージで表されます。次に、スループットまたは PPS が上限しきい値を超えると、アプライアンスはトラップを生成し、監視対象パラメータが通常のしきい値に達すると 2 番目のトラップを生成します。Citrix ADCは、設定された宛先デバイスにトラップを送信するだけでなく、/var/log/ns.logファイルにトラップに関連するイベントを、イベントアラートおよびイベントアラートとして記録します。

スループットの制限を超えると、パケットが失われる可能性があります。パケット損失を報告するように SNMP アラームを設定できます。

SNMP アラームおよびトラップの詳細については、「SNMP v1およびv2トラップを生成するようにCitrix ADCを構成する」を参照してください。

このドキュメントでは、次の詳細について説明します。

  • スループットまたは PPS に対する SNMP アラームの設定
  • ドロップされたパケットに対する SNMP アラームの設定

スループットまたは PPS に対する SNMP アラームの設定

全体と PPS の両方を監視するには、アラームをそれぞれ設定し、しきい値 pps 値を Mbps で設定する必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用してスループットレートの SNMP アラームを設定するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、SNMP アラームを設定し、しきい値を Mbps で設定し、設定を確認します。

  • set snmp alarm PF-RL-RATE-THRESHOLD [-thresholdValue <positive_integer> [-normalValue <positive_integer>]] [-state ( **ENABLED** | **DISABLED** )] [-severity <severity>] [-logging ( **ENABLED** | **DISABLED** )]
  • show snmp alarm PF-RL-RATE-THRESHOLD

> set snmp alarm PF-RL-RATE-THRESHOLD -thresholdValue 70 -normalValue 50

コマンドラインインターフェイスを使用して PPS の SNMP アラームを構成するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、PPS の SNMP アラームを構成し、構成を確認します。

  • set snmp alarm PF-RL-PPS-THRESHOLD [-thresholdValue <positive_integer> [-normalValue <positive_integer>]] [-state ( **ENABLED** | **DISABLED** )] [-severity <severity>] [-logging ( **ENABLED** | **DISABLED** )]
  • show snmp alarm PF-RL-PPS-THRESHOLD

> set snmp alarm PF-RL-PPS-THRESHOLD -thresholdValue 70 -normalValue 50

GUI を使用してスループットまたは PPS の SNMP アラームを構成するには

  1. [システム] > [SNMP] > [アラーム] に移動し、[PF-RL-RATE-THRESHOLD](スループットレートの場合)または [PF-RL-PPS-THRESHOLD (秒あたりのパケット数)] を選択します。
  2. アラームパラメータを設定し、選択した SNMP アラームを有効にします。

ドロップされたパケットに対する SNMP アラームの設定

スループット制限を超えた結果としてドロップされたパケットに対してアラームを設定し、PPS 制限を超えた結果としてドロップされたパケットに対してアラームを設定できます。

過剰なスループットのためにドロップされたパケットに対して SNMP アラームを設定するには、コマンドラインインターフェイスを使用します

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set snmp alarm PF-RL-RATE-PKTS-DROPPED [-state (ENABLED | DISABLED)] [-severity <severity>] [-logging ( ENABLED | DISABLED )]

コマンドラインインターフェイスを使用して、過剰な PPS が原因でドロップされたパケットに対して SNMP アラームを設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set snmp alarm PF-RL-PPS-PKTS-DROPPED [-state (ENABLED | DISABLED)] [-severity <severity>] [-logging ( ENABLED | DISABLED )]

GUI を使用して、ドロップされたパケットの SNMP アラームを設定するには

  1. [システム] > [SNMP] > [アラーム] に移動し、[PF-RL-RATE-PKTS-DROPPED](過剰なスループットのためにドロップされたパケットの場合)または [PF-RL-PPS-PKTS-DROPPED](過剰な PPS のためにドロップされたパケットの場合)を選択します。
  2. アラームパラメータを設定し、選択した SNMP アラームを有効にします。

レート制限のための SNMP アラームの設定