Citrix ADC

Citrix ADCアプライアンスで問題をログに記録するために/varディレクトリ上の領域を解放する方法

このトラブルシューティングの記事では、Citrix GUIにログオンできない場合に、管理者がCitrix ADCアプライアンスの/varディレクトリから領域を解放する方法について説明します。

アプライアンスの /var ディレクトリのディスク容量が少なくなると、Citrix GUI にサインインできないことがあります。このシナリオでは、/var ディレクトリに空き領域を作成するのには、古いログファイルを削除できます。

確認事項

  • ファイルをアプライアンスから削除する前に、必ずファイルをバックアップしてください。

NetScaler アプライアンスの/varディレクトリ内の領域を解放するには、次の手順を実行します。

  1. SSHを使用してNetScaler のコマンドラインインターフェイス(CLI)にログオンします。このタスクを完了するための詳細については、Citrix ADC ドキュメントを参照してください。
  2. NetScaler CLIにログオンしたら、次のコマンドを使用してシェルプロンプトに切り替えます。 shell
  3. 次のコマンドを実行して、NetScaler アプライアンスの空き容量を確認します。 df -h
  4. /var ディレクトリの容量が 90% 未満または非常に低い場合は、このディレクトリからファイルを削除する必要があります。

    • 次のコマンドを実行して、/var ディレクトリの内容を表示します。 cd /var ls -l

    通常、目的のディレクトリは次のとおりです。

    /var/nstrace-このディレクトリにはトレースファイルが含まれています。これは、NetScaler でHDDがいっぱいになる最も一般的な理由です。これは、nstraceが無期限に実行されているためです。関心のないトレースはすべて削除できます。削除する必要があります。nstrace を停止するには、CLI に戻り、stop nstrace コマンドを発行します。
    
    /var/log-このディレクトリには、システム固有のログファイルが格納されます。
    
    /var/nslog-このディレクトリには、NetScaler のログファイルが格納されます。
    
    /var/tmp/support-このディレクトリには、サポートバンドルとも呼ばれるテクニカルサポートファイルが含まれています。関心のないファイルはすべて削除する必要があります。
    
    /var/core-コアダンプはこのディレクトリに格納されます。このディレクトリ内にディレクトリがあり、1 で始まる番号でラベル付けされます。これらのファイルのサイズは非常に大きくなる可能性があります。コアダンプが最新のもので調査が必要でない限り、すべてのファイルをクリアします。
    
    /var/crash-プロセスのクラッシュなどのクラッシュファイルは、このディレクトリに格納されます。クラッシュが最近のもので調査が必要でない限り、すべてのファイルをクリアします。
    
    /var/nsinstall-  ファームウェアは、アップグレード時にこのディレクトリに置かれます。現在使用しているファームウェアを除くすべてのファイルをクリアします。
    
    • ディレクトリのいずれかがより多くのスペースを使用しているかどうかを確認します。

    du -hs * 44k cache 2.0k clusterd 2.0k configdb 6.0k core 989M crash 4.0k cron 2.0k dev 6.0k download 2.0k gui 2.0k install 2.0k krb 2.0k learnt_data 122M log 366M netscaler 14k ns_gui 86k ns_sys_backup 631M nsinstall 883M nslog 32k nsproflog 2.0k nssynclog 16k nstemplates 36k nstmp 4.5G nstrace 8.1M opt 6.0k pubkey 52k run 28M safenet 72M tmp 2.0k vmtools 14k vpn

  • 不要なファイルを削除します。

    rm-r nstrace/*

    ファイルの削除に関する詳細は、FreeBSD のマニュアルページを参照してください。

    • log ディレクトリまたは nslog ディレクトリでより多くの領域が使用 されている場合は、次のコマンドを実行してログディレクトリを開き、その内容を表示します。
    • 不要なファイルを削除します。 rm-r nstrace/* ファイルの削除に関する詳細は、FreeBSD のマニュアルページを参照してください。
    • log ディレクトリまたは nslog ディレクトリでより多くの領域が使用 されている場合は、次のコマンドを実行してログディレクトリを開き、その内容を表示します。
    cd /var/log
    ls -l
    cd /var/nslog
    ls -l
  1. すべてのファイルが圧縮されていることを確認します。これは、.tar.gz ファイル拡張子で示されます。
  2. NetScaler MAS またはCommand Center を使用している場合は、/var/ns_system_backupディレクトリを確認します。NetScaler MAS またはCommand Center によって作成されるバックアップファイルが消去されることを確認します。

その他のリソース

前述の手順で説明したコマンドについては、http://ss64.com/bash/

Citrix ADCアプライアンスで問題をログに記録するために/varディレクトリ上の領域を解放する方法