Citrix ADC

Web サーバーロギング

Web サーバーのログ機能を使用して、HTTP および HTTPS 要求のログをクライアントシステムに送信し、格納および取得できます。この機能には、次の 2 つのコンポーネントがあります。

  • Citrix ADC上で動作するWebログサーバー。
  • クライアントシステムで実行される Citrix ADC Web ログ (NSWL) クライアント。

Citrix ADC Web ログ (NSWL) クライアントを実行すると、次のようになります。

  1. これは、Citrix ADCに接続します。
  2. Citrix ADCは、クライアントに送信する前に、HTTPリクエストとHTTPSリクエストのログエントリをバッファリングします。
  3. クライアントは、エントリを格納する前にエントリをフィルタリングできます。

Webサーバーのログ記録を構成するには、まずCitrix ADCでWebログ記録機能を有効にし、ログエントリを一時的に保存するためのバッファーのサイズを設定します。次に、クライアントシステムに NSWL をインストールします。次に、Citrix ADC の IP アドレス(NSIP)を NSWL 構成ファイルに追加します。これで、NSWLクライアントを起動してログを開始する準備ができました。NSWL 構成ファイル (log.conf) にさらに変更を加えることで、Web サーバーのログをカスタマイズできます。

Web サーバーロギング