Citrix ADC

Web サーバーのログ記録用に Citrix ADC を構成する

Citrix ADCをWebサーバーログ用に構成するには、Webサーバーログ機能のみを有効にする必要があります。オプションで、次の設定を実行できます。

  • Citrix ADC Web Logging(NSWL)クライアントに送信する前に、ログに記録された情報を格納するバッファーのサイズ(デフォルトサイズは16 MB)を変更します。
  • NSWL クライアントにエクスポートするカスタム HTTP ヘッダーを指定します。最大 2 つの HTTP 要求と 2 つの HTTP 応答ヘッダー名を設定できます。

コマンドラインインターフェイスを使用して Web サーバーのログを設定するには

コマンドプロンプトで、次の操作を実行します。

  • Web サーバロギング機能を有効にします。

    enable ns feature WL

  • [オプション]ログに記録された情報を格納するためのバッファサイズを変更します。

    set ns weblogparam -bufferSizeMB <size>

    変更をアクティブにするには、Web サーバーのログ機能を無効にしてから再度有効にする必要があります。

  • [オプション]エクスポートするカスタム HTTP ヘッダー名を指定します。

    set ns weblogparam [-customReqHdrs <string> ...] [-customRspHdrs <string> ...]

    > enable ns feature WL
    Done
    > set ns weblogparam -bufferSizeMB 60
    Done
    > show ns weblogparam
        Web Logging parameters:
        Log buffer size:  60MB
        Custom HTTP request headers: (none)
        Custom HTTP response headers: (none)
    Done
    > set ns weblogparam -customReqHdrs req1 req2 -customRspHdrs res1 res2
    Done
    > show ns weblogparam
        Web Logging parameters:
        Log buffer size:  60MB
        Custom HTTP request headers: req1, req2
        Custom HTTP response headers: res1, res2
    Done

GUI を使用して Web サーバーのログを設定するには

  1. [システム] > [設定] に移動し、次の操作を実行します。

    1. Web サーバーのログ機能を有効にするには、[詳細機能の変更] をクリックし、[Web ログ] を選択します。
    2. バッファサイズを変更するには、[グローバルシステム設定の変更] をクリックし、[Web ログ] でバッファサイズを入力します。
    3. エクスポートするカスタム HTTP ヘッダーを指定するには、[グローバルシステム設定の変更] をクリックし、[Web ログ] でヘッダー値を指定します。

Web サーバーのログ記録用に Citrix ADC を構成する