Citrix ADC

TCP または TLS を使用した RADIUS 認証

リリース 13.1 ~ 27.59 以降、RADIUS 認証は TCP および TLS プロトコルでもサポートされています。

注:

RADIUS 到達可能性のテストオプションは 、TCP および TLS 転送タイプの RADIUS ではサポートされていません。

CLI を使用して RADIUS を TCP 経由で構成する

コマンドプロンプトで次のように入力します。

add authentication radiusAction <name> [-serverIP] [-serverPort ] [-transport <transport>]
<!--NeedCopy-->

例:

add authentication radiusAction RadAction -serverIP 1.1.1.1 -radkey 123 -transport TCP
<!--NeedCopy-->

GUI を使用して TCP 経由の RADIUS を構成する

  1. セキュリティ > AAA-アプリケーショントラフィック > ポリシー > 認証 > 詳細ポリシー > アクション > RADIUSに移動します。
  2. 既存のサーバーを選択するか、サーバーを作成します。

    サーバーの作成の詳細については、「 GUI を使用して RADIUS サーバーを構成するには」を参照してください。

    RADIUS TCP トランスポート

  3. [ トランスポート] で [ TCP] を選択します。
  4. [Create] をクリックします。

CLI を使用して TLS 経由の RADIUS を構成する

コマンドプロンプトで次のように入力します。

add authentication radiusAction <name> [-serverIP] [-serverPort ] [-transport <transport>] [-targetLBVserver <string>]
<!--NeedCopy-->

add authentication radiusAction RadAction -serverIP 1.1.1.1 -radkey 123 -transport TLS -targetLBVserver rad-lb
<!--NeedCopy-->

注:

  • サーバー名は TLS トランスポートタイプではサポートされていません。
  • TLSトランスポートタイプの場合は、TCPタイプのターゲット負荷分散仮想サーバーを構成し、タイプSSL_TCPのサービスをこの仮想サーバーにバインドします。
  • RADIUSアクション用に構成されたIPアドレスとポート番号は、構成されたターゲット負荷分散仮想サーバーのIPアドレスとポート番号と一致する必要があります。

GUI を使用して TLS 経由の RADIUS を構成する

  1. セキュリティ > AAA-アプリケーショントラフィック > ポリシー > 認証 > 詳細ポリシー > アクション > サーバに移動します
  2. 既存のサーバーを選択するか、サーバーを作成します。

    サーバーの作成の詳細については、「 GUI を使用して RADIUS サーバーを構成するには」を参照してください。

    RADIUS TLS トランスポート

  3. [ トランスポート] で [ TLS] を選択します。
  4. [ ターゲット負荷分散仮想サーバー] で、仮想サーバーを選択します。負荷分散仮想サーバーの作成の詳細については、「 仮想サーバーの作成」を参照してください。

    注:

    • サーバー名は TLS トランスポートタイプではサポートされていません。
    • TLSトランスポートタイプの場合は、TCPタイプのターゲット負荷分散仮想サーバーを構成し、タイプSSL_TCPのサービスをこの仮想サーバーにバインドします。
    • RADIUSアクション用に構成されたIPアドレスとポート番号は、構成されたターゲット負荷分散仮想サーバーのIPアドレスとポート番号と一致する必要があります。
  5. [Create] をクリックします。
TCP または TLS を使用した RADIUS 認証