Citrix ADC

アプリケーションユニットの永続性グループの構成

AppExpert アプリケーションのアプリケーションユニットの持続性グループを構成できます。AppExpert アプリケーションのコンテキストでは、持続性グループは、共通の持続性設定を適用するために 1 つのエンティティとして扱うことができるアプリケーションユニットのグループです。アプリケーションをアプリケーション・テンプレート・ファイルにエクスポートすると、永続性グループ設定が含まれており、AppExpertアプリケーションをインポートすると、アプリケーションユニットに自動的に適用されます。

GUI を使用してアプリケーションの永続性グループを構成するには、次の手順を実行します。

  1. AppExpert 」>「 アプリケーション 」に移動します。
  2. アプリケーションビュー 」ダイアログボックスで、持続性グループを構成するアプリケーションユニットのアプリケーション名をクリックし、「持続性グループの構成 をクリックします。
  3. 持続性グループの構成」 ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。
    • 持続性グループを追加するには、[Add] をクリックします。
    • 永続性グループを変更するには、「 開く」をクリックします。
  4. 持続性グループの作成」 または 「持続性グループの設定 」ダイアログボックスで、次のパラメータを設定します。
    • [Group Name]:永続性グループの名前。Citrix ADCアプライアンスが永続性グループをアプリケーションの構成の一部として認識するには、AppExpertアプリケーションの名前を永続性グループの名前にプレフィックスとして含める必要があります。したがって、デフォルトでは、アプライアンスは [Group Name] ボックスにプレフィクスを表示し、そのプレフィクスを削除することはできません。プレフィックスの後に任意の名前を入力します。
    • パーシステンス:仮想サーバのパーシステンスのタイプ。SOURCEIP を選択した場合は、[IPv4 Netmask] ボックスに、永続性セッションを作成するときにアプライアンスが考慮する必要があるビット数を指定するネットワークマスクを入力します。[クッキードメイン] ボックスと [クッキーの名前] ボックスで、送信するドメイン属性を Set-Cookie ディレクティブで指定し、クッキーの名前をそれぞれ指定します。
    • 「タイムアウト」(Timeout)-永続セッションが有効な期間。
    • [Backup Persistence]:グループのバックアップ永続性のタイプ。
    • [Backup Timeout]:バックアップの永続性が有効になる期間(分単位)。
    • アプリケーションユニット-アプリケーションユニットを永続性グループに追加するには、「使用可能なアプリケーションユニット」ボックスでアプリケーションユニットをクリックし、「追加」をクリックします。持続性グループからアプリケーションユニットを削除するには、「構成されたアプリケーションユニット」ボックスでアプリケーションユニットをクリックし、「 削除」をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。
アプリケーションユニットの永続性グループの構成