Citrix ADC

アプリケーションユニットの設定

GUI を使用してアプリケーションユニットを設定するには、次の手順を実行します。

  1. AppExpert 」>「 アプリケーション」>「アプリケーションユニット 」セクションに移動し、プラスアイコンをクリックして、トラフィックサブセットに新しいアプリケーションユニットを追加します。
  2. [アプリケーション単位] スライダで、次のパラメータを設定します。
    • 名前

    エクスプレッションを挿入するには、エクスプレッションコンポーネントを手動で追加するか、エクスプレッションエディタ (Expression Editor) リンクを使用します。式を手動で追加するには、セレクタコンポーネントを入力し、ピリオド(.)を入力して、次のコンポーネントを選択できるリストを表示します。たとえば、「HTTP」と入力し、ピリオドを入力します。ドロップダウンメニューが表示されます。このメニューの内容には、入力した最初のキーワードの後に続くキーワードが表示されます。ドロップダウンメニューからコンポーネントを選択します。「式*」テキストボックスに、式に追加したコンポーネント(HTTP.REQ など)が表示されます。完全な式が形成されるまで、コンポーネントを追加し続けます。

    エクスプレッションを作成する場合は、エクスプレッションエディタ (Expression Editor) リンクを使用します。[式エディタ] ページでは、ドロップダウンボックスからコンポーネントを選択して式を作成できます。コンポーネントを選択し、「完了」をクリックして、「アプリケーション単位」ページに式を挿入します。

  3. [Continue] をクリックして、サービスとサービスグループをバインドします。
  4. [Service] セクションをクリックして、仮想サービスを選択または追加し、アプリケーションユニットにバインドします。
  5. [Continue] をクリックし、[Service Group] セクションをクリックして、仮想サービスグループを選択または追加し、アプリケーションユニットにバインドします。
  6. バインド して 続行 」をクリックして、アプリケーションユニットの詳細設定(ポリシー、メソッド、永続性、保護、プロファイル、プッシュ、認証、トラフィック設定など)を構成します。
  7. 各セクションの プラス アイコンをクリックして、設定パラメータを設定します。
  8. [OK][完了]の順にクリックします。

GUIを使用してアプリケーションのアプリケーション単位を編集するには、次のステップを実行します。

AppExpert 」>「 アプリケーション 」に移動し、アプリケーションを選択して「 編集 」をクリックします。「 アプリケーション単位 」セクションで、エンティティを選択し、編集アイコンをクリックして、アプリケーション単位の設定を変更します。

注意: 既存のアプリケーション単位の名前とルール式は変更できません。

Citrix ADCのビデオチュートリアルを使用すると、簡単かつ簡単な方法でCitrix ADC 機能を理解することができます。アプリケーションユニットの構成方法については、https://www.youtube.com/watch?v=bJ5_i8fV2hc ビデオをご覧ください。

アプリケーションユニットの設定