Citrix ADC

クラシックポリシーをバインドする

ポリシータイプに応じて、クラシックポリシーをグローバルにバインドすることも、仮想サーバにバインドすることもできます。ポリシーバインドポイントについては、「クラシックポリシーを使用する機能におけるポリシーのポリシータイプとバインドポイント」の表を参照してください。

注: クラシックポリシーは、複数のバインドポイントにバインドできます。

CLI を使用してクラシックポリシーをグローバルにバインドする

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、パラメーターを設定し、構成を確認します。

-  bind cmp global <policyName> [-priority <positive_integer>]  

-  show cmp global  
<!--NeedCopy-->

> bind cmp global cmp-pol-compress -priority 2
 Done
> show cmp global
1)      Policy Name: cmp-pol-compress   Priority: 2
2)      Policy Name: ns_nocmp_xml_ie    Priority: 8700
3)      Policy Name: ns_nocmp_mozilla_47        Priority: 8800
4)      Policy Name: ns_cmp_mscss       Priority: 8900
5)      Policy Name: ns_cmp_msapp       Priority: 9000
6)      Policy Name: ns_cmp_content_type        Priority: 10000
 Done
>
<!--NeedCopy-->

CLI を使用してクラシックポリシーを仮想サーバーにバインドする

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、パラメーターを設定し、構成を確認します。

-  bind lb vserver <name> [<targetVserver>] [-policyName <string> [-priority <positive_integer>]  

-  show lb vserver<name>  
<!--NeedCopy-->

> bind lb vserver lbtemp -policyName cmp-pol-compress -priority 1
 Done
> show lb vserver lbtemp
        lbtemp (10.102.29.101:80) - HTTP        Type: ADDRESS
        State: UP
        Last state change was at Tue Oct 27 06:40:38 2009 (+557 ms)
        Time since last state change: 0 days, 02:00:40.330
        Effective State: UP
        Client Idle Timeout: 180 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Port Rewrite : DISABLED
        No. of Bound Services :  1 (Total)       1 (Active)
        Configured Method: LEASTCONNECTION
        Current Method: Round Robin, Reason: Bound service's state changed to UP
        Group: vserver-grp
        Mode: IP
        Persistence: COOKIEINSERT (version 0)   Persistence Backup: SOURCEIP   Persistence Mask: 255.255.255.255
        Persistence Timeout: 2 min      Backup Persistence Timeout: 2 min
        Vserver IP and Port insertion: OFF
        Push: DISABLED  Push VServer:
        Push Multi Clients: NO
        Push Label Rule: none
1) http-one (10.102.29.252: 80) - HTTP State: UP        Weight: 1
        Persistence Cookie Value : NSC_wtfswfs-hsq=ffffffff096e03ed45525d5f4f58455e445a4a423660
1)      Policy : cmp-pol-compress Priority:1
 Done
>
<!--NeedCopy-->

GUI を使用してクラシックポリシーをグローバルにバインドする

注記:この手順では、「グローバルバインディング」(Global Bindings) ダイアログボックスについて説明します。ポリシーをグローバルにバインドする機能によっては、このダイアログボックスに到達するルートが異なる場合があります。

  1. ナビゲーションウィンドウで、クラシックポリシーをグローバルにバインドする機能を展開し、グローバルにバインドするポリシーを見つけます。

    注:コンテンツスイッチング、キャッシュリダイレクト、SureConnect、優先キューイング、または Citrix Gateway 認証のポリシーをグローバルにバインドすることはできません。

  2. 詳細ペインで、[ グローバルバインディング]をクリックします。

  3. [グローバルに<feature name> ポリシーをバインド/バインド解除] ダイアログボックスで、[ポリシーの挿入] をクリックします。

  4. [ポリシー名] 列で、グローバルにバインドする既存のポリシーの名前をクリックするか、[新しいポリシー] をクリックして [ポリシーの作成] <Feature name> ダイアログボックスを開きます。

  5. ポリシーを選択するか、新しいポリシーを作成したら、[Priority] 列に優先度の値を入力します。

    数値が小さいほど、他のポリシーに対してこのポリシーが適用される時間が短くなります。たとえば、プライオリティ 10 が割り当てられたポリシーは、プライオリティ 100 のポリシーの前に適用されます。異なるポリシーに同じプライオリティを使用できます。クラシックポリシーを使用するすべての機能では、接続が一致した最初のポリシーだけが実装されるため、ポリシーの優先順位は意図した結果を得るために重要です。

    ベストプラクティスとして、各ポリシー間に50(または100)の間隔で優先度を設定することで、ポリシーを追加する余地を残します。

  6. [OK] をクリックします。

GUI を使用して従来のポリシーを仮想サーバーにバインドする

  1. ナビゲーションウィンドウで、クラシックポリシーをバインドする仮想サーバーを含む機能を展開します (たとえば、クラシックポリシーをコンテンツスイッチ仮想サーバーにバインドする場合は、[トラフィック管理] > [コンテンツの切り替え] の順に展開します)。次に、[仮想サーバー] をクリックします。

  2. 詳細ウィンドウで、仮想サーバーを選択し、[開く] をクリックします。

  3. [<Feature> 仮想サーバーの構成] ダイアログボックスの [ポリシー] タブで、目的のタイプポリシーの機能アイコンをクリックし、[ポリシーの挿入] をクリックします。

  4. [Policy Name] 列で、仮想サーバにバインドする既存のポリシーの名前をクリックするか、[A] をクリックして [Create <feature name> Policy] ダイアログ・ボックスを開きます。

  5. ポリシーを選択するか、新しいポリシーを作成したら、[Priority] 列で優先度を設定します。

    ポリシーをコンテンツスイッチ仮想サーバーにバインドする場合は、[ターゲット] 列で、ポリシーと一致するトラフィックの送信先となる負荷分散仮想サーバーを選択します。

  6. [OK] をクリックします。