Citrix ADC

名前の付いたクラシックエクスプレッションを作成する

名前付きクラシックエクスプレッションは、割り当てられた名前を使用して参照できるクラシックエクスプレッションです。多くの場合、大規模または複雑で、より大きな複合式の一部を形成する古典的な式を構成する必要があります。また、頻繁に使用する必要があるクラシック式を、複数の複合式またはクラシックポリシーで構成することもできます。これらのシナリオでは、必要なクラシック式を作成し、任意の名前で保存し、複合式またはポリシーからその式を名前で参照できます。これにより、構成時間が節約され、複雑な複合式の可読性が向上します。さらに、名前付きクラシックエクスプレッションに対する変更は 1 回だけ行う必要があります。

一部の名前付き式は組み込みで、これらのサブセットは読み取り専用です。組み込みの名前付き式は、[全般]、[アンチウイルス]、[パーソナルファイアウォール]、および [インターネットセキュリティ] の 4 つのカテゴリに分類されます。一般的な名前付き式には、さまざまな用途があります。たとえば、[一般] カテゴリから、ns_true および ns_false という式を使用して、すべてのトラフィックに対して返される値を TRUE または FALSE に指定できます。また、特定の種類のデータ(HTM、DOC、GIFファイルなど)を識別したり、キャッシュヘッダーが存在するかどうかを確認したり、クライアントとCitrix ADC間のパケットのラウンドトリップ時間が長い(80ミリ秒以上)かどうかを判断することもできます。

アンチウイルス、パーソナルファイアウォール、およびインターネットセキュリティの名前付き式は、クライアントで特定のプログラムとバージョンの存在をテストし、主にCitrix Gateway ポリシーで使用されます。

メモ: 組み込みの名前付き式を変更または削除することはできません。

CLI を使用して名前付きクラシック式を作成する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、パラメーターを設定し、構成を確認します。

-  add expression <name> <value> [-comment <string>] [-clientSecurityMessage <string>]
-  show expression [<name> | -type CLASSIC
<!--NeedCopy-->

> add expression classic_ne "REQ.HTTP.URL CONTAINS www.example1.com" -comment "Checking the URL for www.example1.com"
 Done
> show expression classic_ne
1)      Name: classic_ne  Expr: REQ.HTTP.URL CONTAINS www.example1.com  Hits: 0 Type : CLASSIC
        Comment: "Checking the URL for www.example1.com"
 Done
>
<!--NeedCopy-->

GUI を使用して名前付きクラシック式を作成する

  1. ナビゲーションウィンドウで、[AppExpert] を展開し、[式] を展開し、[クラシック式] をクリックします。

  2. 詳細ペインで、[Add] をクリックします。

    メモ:式リストの組み込み式の一部は読み取り専用です。

  3. [ポリシー式の作成] ダイアログボックスで、次のパラメータの値を指定します。

    • 式名*—name
    • クライアントセキュリティメッセージ:clientSecurityMessage
    • コメント:comment

    *必須パラメータ

  4. 式を作成するには、次のいずれかの操作を行います。

  5. 完了したら、[閉じる] をクリックします。新しいエクスプレッションが作成されたことを確認するには、[クラシックエクスプレッション] リストの一番下までスクロールして表示します。

名前の付いたクラシックエクスプレッションを作成する