Citrix ADC

署名更新バージョン 37

バージョン 37 で特定された脆弱性に対して、新しいシグニチャルールが生成されます。これらの署名ルールをダウンロードして設定すると、セキュリティに脆弱な攻撃からアプライアンスを保護できます。

署名バージョン

署名は、Citrix Application Delivery Controller (ADC)11.1、12.0、12.1、13.0、13.1の次のソフトウェアバージョンと互換性があります。

Citrix ADC バージョン12.0はサポート終了(EOL)に達しました。詳細については、 リリースライフサイクルのページを参照してください

注:

投稿本文とレスポンス本文の署名ルールを有効にすると、Citrix ADC CPUに影響する場合があります。

一般的な脆弱性エントリ (CVE) の洞察

次に、シグニチャルール、CVE ID、およびその説明の一覧を示します。

署名ルール CVE ID 説明
999806 CVE-2019-3394 WEB-MISC アトラシアン Confluence またはデータセンター-ローカルファイル開示の脆弱性 (CVE-2019-3394)
999807 CVE-2019-13569 WEB-WORDPRESS Icegram 4.1.8より前のメール購読者とニュースレタープラグイン-ESFPX_listsパラメータ経由のSQLi (CVE-2019-13569)
999808 CVE-2019-13569 WEB-WORDPRESS Icegram メール購読者&ニュースレタープラグイン 4.1.8 より前-SQLi Via Order Param (CVE-2019-13569)
999809 CVE-2019-2768 WEB-MISC Oracle BI Publisher -予測可能なセッショントークンの脆弱性(CVE-2019-2768)
999810 CVE-2019-1003001 WEB-MISC Jenkins Pipeline Groovy プラグイン最大 2.61-ジョブ更新によるサンドボックスバイパスの脆弱性(CVE-2019-1003001)
999811 CVE-2019-13575 WEB-WORDPRESS wpEverest エベレストフォームプラグイン 1.5.0 より前-SQL インジェクション (CVE-2019-13575)
999812 CVE-2019-15896 WEB-WORDPRESS LifterLMS プラグイン 3.34.5 まで-セキュリティバイパスの脆弱性 (CVE-2019-15896)
999813 CVE-2019-3396 WEB-MISC アトラシアン Confluence またはデータセンター-リモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2019-3396)
999814 CVE-2019-5475 2.14.14 より前の WEB-MISC Sonatype Nexus リポジトリマネージャー-Createrepo パスを介したリモートコード実行 (CVE-2019-5475)
999815 CVE-2019-5475 WEB-MISC 2.14.14 より前の Sonatype Nexus リポジトリマネージャー-Mergerepo パスを介したリモートコード実行 (CVE-2019-5475)
999816 CVE-2019-15104 WEB-MISC Zoho ManageEngine 12.4 より前のバージョンの OpManager-SQL インジェクションの脆弱性(CVE-2019-15104)
署名更新バージョン 37