署名更新バージョン 37

バージョン 37 で特定された脆弱性に対して、新しいシグニチャルールが生成されます。これらの署名ルールをダウンロードして設定すると、セキュリティに脆弱な攻撃からアプライアンスを保護できます。

署名バージョン

Signature version 37はNetScaler VPX 11.1、NetScaler 12.0、Citrix ADC 12.1、Citrix ADC 13.0プラットフォームに適用可能。

ポスト本文と応答本文の署名ルールを有効にすると、Citrix ADC CPUに影響する場合があります。

一般的な脆弱性エントリ (CVE) の洞察

署名ルール、CVE ID、およびその説明を次に示します。

署名ルール CVE ID 説明
999806 CVE-2019-3394 WEB-MISC Atlassian Confluence or Data Center - Local File Disclosure Vulnerability (CVE-2019-3394)
999807 CVE-2019-13569 WEB-WORDPRESS IcegramEメールサブスクライバー & 4.1.8より前のニュースレタープラグイン-SQLiVia Esfpx_lists Param(CVE-2019-13569)
999808 CVE-2019-13569 WEB-WORDPRESS IcegramEメールサブスクライバー & 4.1.8より前のニュースレタープラグイン-SQLiVia Order Param(CVE-2019-13569)
999809 CVE-2019-2768 WEB-MISC Oracle BI Publisher - Predictable Session Token Vulnerability (CVE-2019-2768)
999810 CVE-2019-1003001 WEB-MISC Jenkins Pipeline Groovyプラグイン最大2.61-ジョブ更新によるサンドボックスバイパスの脆弱性(CVE-2019-1003001)
999811 CVE-2019-13575 WEB-WORDPRESS WPEverest Everest Formsプラグイン1.5.0より前-SQLインジェクション(CVE-2019-13575)
999812 CVE-2019-15896 3.34.5までのWEB-WORDPRESSLifterLMSプラグイン-セキュリティバイパスの脆弱性(CVE-2019-15896)
999813 CVE-2019-3396 WEB-MISC Atlassian Confluence or Data Center - Remote Code Execution Vulnerability (CVE-2019-3396)
999814 CVE-2019-5475 WEB-MISC Sonatype Nexus Repository Manager Prior to 2.14.14 - Remote Code Execution Via Createrepo Path (CVE-2019-5475)
999815 CVE-2019-5475 WEB-MISC Sonatype Nexus Repository Manager Prior to 2.14.14 - Remote Code Execution Via Mergerepo Path (CVE-2019-5475)
999816 CVE-2019-15104 WEB-MISC Zoho ManageEngine OpManager Version Prior to 12.4 - SQL Injection Vulnerability (CVE-2019-15104)
署名更新バージョン 37