Citrix ADC

2022 年 2 月のシグネチャアップデート

2022-02-20 週に特定された脆弱性に対して、新しいシグニチャルールが生成されます。これらの署名ルールをダウンロードして設定すると、セキュリティに脆弱な攻撃からアプライアンスを保護できます。

署名バージョン

署名バージョン76は、NetScaler VPX 11.1、NetScaler 12.0、Citrix ADC 12.1、Citrix ADC 13.0プラットフォームに適用されます。

注:

投稿本文とレスポンス本文署名ルールを有効にすると、Citrix ADC CPUに影響する場合があります。

一般的な脆弱性エントリ (CVE) の洞察

次に、署名ルール、CVE ID、およびその説明の一覧を示します。

署名ルール CVE ID 説明
999047 CVE-2022-23863 4.5.30 より前の WEB-MISC FusionPBX-fax_page_size を介した OS コマンドインジェクション (CVE-2021-43406)
999048 CVE-2021-44515 WEB-MISC JetBrains TeamCity:エージェントプッシュによるリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-43193)
999049 CVE-2021-43406 5.1.5 より前の WEB-MISC ゴーアヘッド:CGI 環境変数インジェクションの脆弱性(CVE-2021-42342)
999050 CVE-2021-43193 WEB-MISC SonicWall セキュアモバイルアクセス-リモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2021-20045)
999051 CVE-2021-42342 5.1.5 より前の WEB-MISC ゴーアヘッド:CGI 環境変数インジェクションの脆弱性(CVE-2021-42342)
999052 CVE-2021-20045 WEB-MISC SonicWall セキュアモバイルアクセス-リモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2021-20045)
999053 CVE-2021-20044 WEB-MISC SonicWall セキュアモバイルアクセス-コマンドインジェクションの脆弱性(CVE-2021-20044)
999054   Web-WORDPRESS AdSanity プラグイン-HTML5 ファイルアップロードによるリモートコード実行の脆弱性
2022 年 2 月のシグネチャアップデート