Citrix ADC

2022年6月のシグネチャーアップデート

2022-06-16 週に特定された脆弱性に対して、新しい署名ルールが生成されます。これらの署名ルールをダウンロードして設定すると、セキュリティに脆弱な攻撃からアプライアンスを保護できます。

署名バージョン

NetScaler VPX 11.1、NetScaler 12.0、Citrix ADC 12.1、Citrix ADC 13.0、Citrix ADC 13.1 プラットフォームに適用可能な署名バージョン88。

投稿本文とレスポンス本文の署名ルールを有効にすると、Citrix ADC CPUに影響する場合があります。

一般的な脆弱性エントリ (CVE) の洞察

次に、署名ルール、CVE ID、およびその説明の一覧を示します。

署名ルール CVE ID 説明
998958 CVE-2022-28810 WEB-MISC Zoho ManageEngine AdSelfService 6122より前-ロック解除スクリプトによるOSコマンドインジェクションの脆弱性(CVE-2022-28810)
998959 CVE-2022-28810 WEB-MISC Zoho ManageEngine 6122 より前の AdSelfService-リセットスクリプトによる OS コマンドインジェクションの脆弱性 (CVE-2022-28810)
998960 CVE-2022-25237 WEB-MISC Bonita ウェブ 7.14.0 より前-i18ntranslation/../による認証バイパスの脆弱性 (CVE-2022-25237)
998961 CVE-2022-25237 WEB-MISC Bonita ウェブ 7.14.0 より前-認証バイパスの脆弱性経由; i18ntranslation (CVE-2022-25237)
998962 CVE-2022-0540 WEB-MISC アトラシアン Jira サーバーとデータセンター-Jira Seraph認証バイパスの脆弱性(CVE-2022-0540)
998963 CVE-2021-44548 WEB-MISC Apache Solr 8.11.1 より前-データインポートハンドラー SMB 攻撃の脆弱性 (CVE-2021-44548)
2022年6月のシグネチャーアップデート