Citrix ADC

負荷分散仮想サーバーに対するサービスのバインド/バインド解除

負荷分散仮想サーバーにサービスをバインドする必要があります。これにより、ロードバランサーは、サービスが表すサーバーに要求を転送できます。構成が変更された場合は、負荷分散仮想サーバーからサービスをバインド解除できます。

CLI を使用してサービスを負荷分散仮想サーバーにバインドする

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  bind lb vserver <name> <serviceName>
-  show lb vserver [<name>]

例:

> bind lb vserver vserver-LB-CR service-HTTP-1
 Done
> show lb vserver Vserver-LB-CR
        Vserver-LB-CR (10.102.20.30:80) - HTTP  Type: ADDRESS
        State: DOWN
        Last state change was at Fri Jul  2 08:47:52 2010
        Time since last state change: 0 days, 00:42:25.610
        Effective State: DOWN
        Client Idle Timeout: 180 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Port Rewrite : DISABLED
        No. of Bound Services :  1 (Total)       0 (Active)
        Configured Method: LEASTCONNECTION
        Mode: IP
        Persistence: NONE
        Vserver IP and Port insertion: OFF
        Push: DISABLED  Push VServer:
        Push Multi Clients: NO
        Push Label Rule: none

1) Service-HTTP-1 (10.102.29.40: 80) - HTTP State: DOWN Weight: 1
 Done

CLI を使用して負荷分散仮想サーバーからサービスをバインド解除する

サービスのバインドを解除するには、bind lb vserverの代わりにunbind lb vserverコマンドを使用します 。

GUI を使用した負荷分散仮想サーバーからのサービスのバインド/バインド解除

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動します
  2. 詳細ウィンドウで、サービスをバインドまたはバインド解除する仮想サーバーを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [サービス] タブの [アクティブ] 列で、[サービス名] の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。
  4. [OK] をクリックします。
負荷分散仮想サーバーに対するサービスのバインド/バインド解除