Citrix ADC

エッジモードの設定

ネットワークのエッジに展開すると、Citrix ADCアプライアンスは、そのネットワーク上のサーバーについて動的に学習します。エッジモードでは、アプライアンスは最大40,000台のHTTPサーバーとこれらのサーバーのプロキシTCP接続を動的に学習できます。

このモードでは、動的に学習されたサービスの統計情報の収集が有効になり、通常、キャッシュリダイレクションの透過的な展開で使用されます。

CLI を使用したエッジモードの有効化

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、エッジモードを有効にし、設定を確認します。

-  enable ns mode Edge  
-  show ns mode  

例:

> enable ns mode edge
 Done

> show ns mode

        Mode                           Acronym              Status
        -------                        -------              ------
          ...
          ...
          ...
 6)     MAC-based forwarding           MBF                  ON
 7)     Edge configuration             Edge                 ON
 8)     Use Subnet IP                  USNIP                OFF
          ...
          ...
          ...
 16)    Bridge BPDUs                   BridgeBPDUs          OFF
 Done

GUIを使用してエッジモードを有効にする

  1. ナビゲーションペインで、[システム]を展開し、[設定]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウの [モードと機能] で、[モードの構成] をクリックします。
  3. [モードの構成] ダイアログボックスで、[エッジ構成] の横にあるチェックボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  4. 機能を有効化/無効化しますか?ダイアログボックスで、[はい] をクリックします。
エッジモードの設定