Citrix ADC

HTTP サービスを構成する

Citrix ADCアプライアンスでは、サービスはネットワーク上の物理サーバーを表します。透過キャッシュリダイレクション設定では、サービスはキャッシュサーバを表します。キャッシュ可能な要求は、キャッシュ・リダイレクト仮想サーバから負荷分散仮想サーバに送信され、各要求は正しいサービスに転送され、キャッシュサーバに渡されます。

CLI を使用した HTTP サービスの設定

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力して HTTP サービスを作成し、構成を確認します。

-  add service <name> <IP> <serviceType> <port> -cacheType <cacheType>
-  show service [<name>]
<!--NeedCopy-->

例:

> add service Service-HTTP-1 10.102.29.40 HTTP 80 -cacheType TRANSPARENT
 Done
> show service Service-HTTP-1
        Service-HTTP-1 (10.102.29.40:80) - HTTP
        State: DOWN
        Last state change was at Fri Jul  2 09:14:17 2010
        Time since last state change: 0 days, 00:00:13.820
        Server Name: 10.102.29.40
        Server ID : 0   Monitor Threshold : 0
        Max Conn: 0     Max Req: 0      Max Bandwidth: 0 kbits
        Use Source IP: NO
        Client Keepalive(CKA): NO
        Access Down Service: NO
        TCP Buffering(TCPB): NO
        HTTP Compression(CMP): YES
        Idle timeout: Client: 180 sec   Server: 360 sec
        Client IP: DISABLED
        Cache Type: TRANSPARENT Redirect Mode:
        Cacheable: NO
        SC: OFF
        SP: ON
        Down state flush: ENABLED

1)      Monitor Name: tcp-default
                State: DOWN     Weight: 1
                Probes: 3       Failed [Total: 3 Current: 3]
                Last response: Failure - Time out during TCP connection establishment stage
                Response Time: N/A
 Done
<!--NeedCopy-->

CLI を使用したサービスの変更または削除

  • サービスを変更するには、set service コマンドを使用します。このコマンドは、add service コマンドと同様ですが、既存のサービスの名前を入力する点が異なります。
  • サービスを削除するには、<name> 引数だけを受け付けるrm service コマンドを使用します。

GUIを使用してHTTPサービスを追加します

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] に移動します。

  2. 詳細ペインで、[Add] をクリックします。

  3. [サービスの作成] ダイアログボックスで、次に示すパラメータの値を指定します。

    • サービス名*—name
    • サーバ*:IP
    • ポート*:port

    *必須パラメータ

  4. [Protocol*] ドロップダウンリストで、サポートされているプロトコル ( HTTPなど) を選択します。

  5. [Create] をクリックしてから、[Close] をクリックします。

HTTP サービスを構成する